タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 待茶屋 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

万年筆

【レビュー】Asvine P36 チタン万年筆(アズバイン[Asvine]|万年筆)買った方がいいです

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2024.01.25

※ : 上の画像はペン先をカスタマイズしています

最新情報

2024.02.10 追記
Amazonでは検索できなくなっているかもしれません。
見ることができても「在庫切れ」、「入荷未定」になっています。人気があるようです。もしくは表示されていても高いかも…(2万円程度)。
Etsy、AliexpressでもありますがAmazonほど気楽に購入できませんね…。

2024.02.19 追記
Amazonで入荷したようです。Asvineニブの方を追加購入しました。

Asvine P36 チタン万年筆。中国の新生ブランド ”Asvine”(※1) のアクリルとチタンで作られた万年筆です。

※1 : 確固たる情報がないのですがこの記事では ”中国の新生ブランド” として記載します

安くて使いやすい万年筆が欲しいけど中国の万年筆は品質がどうなんだろう?という不安が……

インクの補充方法は吸入式、ペン先はBOCK社製(6号)。BOCK社製ペン先なので書き味は間違いありません(※2)。

吸入式の万年筆、しかもチタンが使用されていて7,500円(Amazon 2024.01 現在)は驚きです。お手頃な価格ではありますが作りはしっかりしています。数年前に台湾ブランドのツイスビー[TWSBI]をはじめて手にした際の感覚に似たものを感じました(※3)。

下の画像はツイスビーeco。発売当時、インク吸入式で4,500円(※4)は衝撃を覚えました。

※2 : Asvine社ペン先の選択可能です。Asvine社製の場合、6,030円(Amazon 2024.01 現在)です
※3 : 万年筆としては比較的手にしやすい価格でありながら価格以上の価値を感じます
※4 : 現在は7,000円

現段階では取り扱っているお店(※5)は少ないですが、おすすめできる万年筆です。
正直なところツイスビー同等、あるいはそれ以上にコスパがいいのではないか?と感じました。

※5 : 実店舗、オンラインショップ 共。実店舗では見たことがありません

気になったのは下記の1点。

  • キャップを閉めすぎるとキャップが削れる(可能性がある)
この記事でわかること

■ Asvine P36 チタン万年筆 の特徴・スペック

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
Amazonカスタマーレビューに移動しますカスタマーレビュー >

※ : Amazonカスタマーレビューに移動します

※ : Amazonは売り切れで検索できなくなっているかもしれません。もしくは価格が上昇しているか…。私が見た限り2万円程度になっていました。Yahoo ショッピングでも取り扱いがあるのですが、価格が高いです。

アズバイン[Asvine] P36 チタン万年筆

Asvine P36 チタン万年筆。アクリルとチタンで作られた万年筆です。

アズバイン[Asvine]とは?

Asvineは、20年以上にわたり万年筆業界で事業を展開している家族経営の企業です。

Googleより引用

Google AIが教えてくれた情報なのでどこまで正確かはわかりません。インターネットで調べても情報が少ないのが現状です。”中国ブランド” という情報が多いのですが、確信となる情報はありませんでした。
私はAmazonで購入したのですが、中国から発送されたことまではわかったということだけです。おそらく中国のブランドだと思われます。以降、この記事では中国ブランドとして掲載します。

作り

アクリルとチタン製。形状はいわゆるバランス型(シガー型)。非常にスッキリとしたデザインでGoodです。LAMYのデザインまではいかないまでも近未来を感じます。

※ : 上の画像はペン先をカスタマイズしています

ペン先

私がお迎えしたもののペン先は BOCK(6号)スチール製のペン先が初期装填されていました。BOCK社製ペン先以外にもAsvine社ペン先の設定もあり、Asvine社ペン先の場合、6,030円(Amazon 2024.01 現在)です。

字幅は下記が選択可能でした。

  • F
  • M
  • B

ペン先ユニットは接着剤等で固定されていないので着脱が可能です。軸にチタンが使われているのでペン先もチタン製に変更ました。
最初から変更するのであれば、なぜAsvine社のペン先にしなかったのかと後悔しています…。

注意点としてペン先ユニットを外す際、結構キツ目なのでマスキングテープ等で軽く固定してから外した方がよさそうです。

アズバインニブバージョンも追加購入しました。
舐めていました。アズバイン…、なめらかでビックリしました。

ペン先の購入

海外のサイトではありますが「fpnibs」で検索してみてください。JOWO社、BOCK社をはじめ、様々なメーカーのペン先を購入できます。私も何度か購入しています。
スペインのお店なので送料が 3,000円程度、期間は 1週間程度 必要です。
商品の価格によっては 関税が必要 となります。

ペン先を購入した際の記事です。

関連記事
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする

インクの補充方法・インク吸入量

インクの補充方法は吸入式。
下の画像、上がツイスビーダイヤモンド580、下がP36。

インクタンクが大きいです。ツイスビーダイヤモンド580が約2mlは結構多くのインクが吸入できるのでP36は2.5mlから3mlほど大量に入ると思われます(※)。
※ : 次にインクが切れた際に計測しようと思います。赤字、取り消し線は2024.02.01記入。下に計測結果を追記しています

ピストン部のリングが二重構造なのも精神衛生上嬉しいところ。

吸入スクリューの回転はとてもスムーズです。

ペリカンM800が分解できる工具で分解できるかと思ったのですが、規格が異なり分解できませんでした。専用の工具が必要です。

インク吸入量を計測しました 【2024.02.01 追記】

まずはお詫びです。ツイスビーダイヤモンドのインク吸入量が「約2ml」と掲載していましたが、約2mlも吸入できませんでした。申し訳ありません。

以前、私が書いた記事から引用し「約2ml」と記載していました。今となっては元情報が何かわかりませんし、計測の仕方もはっきりしないので再度計測しなおしました。

下の画像をご覧ください。
左がP36、右がダイヤモンドのペン先を外した状態です。
計測方法として赤い線の範囲に入る量(シリンジで注入)を計測しました。

結果は下の表の通りです。

P36ダイヤモンド
約1.5ml約1.2ml

”インクの吸入量の測り方” は決まりがあるんでしょうか…。

インクは多く入った方がいいという考え方もあるでしょう。インクの吸入量は少ない方がインクの吸入を楽しむ回数が増えるのでそれもまた楽しみだったりもします。
色々書きましたが ”P36はインク吸入量が多い” ことがおわかりいただければと思います。

キャップ

キャップを閉める際の回転数は約2回。

気になる点がひとつ。
キャップ側のネジ山はアクリル樹脂ですが、軸側のネジ山はチタンです。そのため、きつく閉めるとネジ山が削れる可能性があります。

きつく閉めたつもりはありませんでしたが、現段階で少し削れた粉のようなものが見受けられました。力(ちから)加減には気をつけた方がよさそうです。

2024.02.05 追記
10日ほど使用した感じですと取り立てて粉が増えてはいません。
キャップ内に水滴が溜まるので気密性は高そうです。

クリップ

クリップにバネ等の仕組みはありませんが、ほど良い硬さ。正面、横から見てもストレートなクリップ。表面はマットな質感に仕上げられています。

クリップの下のキャップリングにはメーカー名が刻印されています。

反対側には型番のP36の刻印。

サイズ・重さ

長さ146mm
軸のみの長さ131mm
キャップポストした長さ177mm
軸最大径13.4mm
キャップ最大径
(クリップは含まず)
15.9mm
重さ30.5g
キャップのみ11.6g
軸部のみ18.9g

重心バランス

キャップポストすると中心より後ろ重心。キャップポストはできるのですが、取れやすいので想定されていないかもしれません。

キャップポストしない場合も後ろ重心。首軸が金属で重いためか筆記時に振り回される印象は受けません。

大きさの比較

大きさ比較のため他のクリア軸の万年筆と並べてみました。

上からパイロット カスタムヘリテイジ92、ツイスビー ダイヤモンド580、Asvine P36です。
結構、大きめ・太めな印象です。

まとめ

アクリルとチタン製ということでクールな印象の万年筆。LAMYのデザインとは少し異なりますが近未来的な雰囲気も感じる万年筆です。
BOCK 6号ニブが使えてこの価格。クリア軸というのも楽しいですね。

中国の万年筆ということで手にするまで少し不安ではありましたが、実際手にしてみると想像以上にしっかりした作りでかなり魅力的な万年筆です。
私がお迎えしたものは ”アクリルとチタン製” ですが ”アクリルと真鍮製” もラインナップされています。アクリルと真鍮製(Asvine社ペン先)の方がさらに手にしやすい価格設定(Amazon 2024.01 現在 4,500円)です。

中国から発送されましたが、注文から1週間で到着しました。想像より早い到着でした。

2024.02.10 追記
Amazonでは検索できなくなっているかもしれません。
見ることができても「在庫切れ」、「入荷未定」になっています。人気があるようです。
Yahooショッピングでは取り扱いがありますが、「取り寄せ」となっています。Aliexperss、Etsy等で仕入れて売っている感じでしょうか。

2024.02.19 追記
Amazonで入荷したようです。Asvineニブの方を追加購入しました。

さすがに7,500円は安すぎる感があったので多少価格が上がるにしても2万円となると…。もう1本欲しいと思っていたのですが、2万円は手軽に買える金額ではないです。少し待ったら価格が戻るといいのですが…。

価格一覧

価格は 2024.01 現在

アクリル・チタン製アクリル・チタン製アクリル・真鍮製
価格7,500円6,030円4,500円
ペン先BOCKAsvineAsvine

Asvine P36 チタン万年筆(アクリル・チタン製)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
Amazonカスタマーレビューに移動しますカスタマーレビュー >

※ : Amazonカスタマーレビューに移動します

※ : Amazonは売り切れで検索できなくなっているかもしれません。もしくは価格が上昇しているか…。私が見た限り2万円程度になっていました。また、Yahoo ショッピングでも取り扱いがあるのですが、価格が高いです。

関連記事・おすすめ記事

価格別のおすすめ 万年筆の記事です。

関連記事
おすすめ 万年筆一覧【価格別】1,000円台から10万円台まで価格別に掲載
おすすめ 万年筆一覧【価格別】1,000円台から10万円台まで価格別に掲載

ペン先を購入した際の記事です。

こちらもおすすめ
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました