キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

カスタマイズ

万年筆のペン先を交換|ペン先のカスタマイズ(BOCK|JOWO)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2023.03.12

様々なメーカーで採用されている BOCK社 のペン先(ニブ)。人気のカヴェコ(スペシャル、スポーツ等)も BOCK社のペン先(ニブ)です。私はカヴェコ スポーツ用ニブもカスタマイズして購入しました(この記事の最後に記載)。

これまで何度かペン先だけを購入したことはありますが、カスタマイズして購入したことはありませんでした(※)。スリットの形状も個人的には ”攻めている” と思います。
※:これまでは JOWO社 のペン先をコーティングのみで購入この記事の後半でJOWO社の購入に関しても記載があります

注文する際、注文後、到着するまで、そして、到着した今現在も興奮が止まらない状態です。

この記事でわかること

■ 万年筆ペン先(ニブ)のカスタマイズ購入方法
■ 万年筆ペン先(ニブ)のカスタマイズ購入の楽しみ方

Fountain Pen Nibs(FPnibs)

FPnibsのサイト の一部を掲載。

FPnibs とは?

スペインにある ペン と ペン先 を販売するお店。
カラーメッキ、ハート穴の加工、インクフローの調整などペン先をカスタマイズできます。

海外のサイトからペン先のみの購入(コーティングも一切なし)は他にも(Etsy等)何度かあります。
カスタマイズ(コーティングのみを含む)しての購入は「FPnibs」からしかありません。

もしかすると、他にも探せばお店はあるのかもしれませんが、何度購入しても品質がすばらしく、特に不満はないのでFPnibsで購入しています。

BOCK 250(6号/#6)Flash Slit

コーティング以外にカスタマイズして購入したのは今回がはじめてです。

デルタ ドルチェビータ ミディアムサイズにセットして使用しています。
ドルチェビータが Zoomニブ。個人的にはスゴイと思います。

通常、デルタはペン先(ニブ+ペン芯+ソケット(ハウジング)ごと)が接着剤で固定されており、外すことができません。

しかし、私のドルチェビータは運よく取り外すことができました。
そのため、ペン先ごと回転させて着脱できます。

復活したデルタのDVと旧ドルチェビータの比較記事です。

関連記事
レビュー|復活!デルタ DV 万年筆(デルタ[DELTA]|万年筆)旧ドルチェビータとの比較
レビュー|復活!デルタ DV 万年筆(デルタ[DELTA]|万年筆)旧ドルチェビータとの比較

購入価格

”万年筆で一番高価なのはペン先” ということは聞いたことがあると思います。
確かに安くはありません。ペン先+加工賃+送料の価格が下記です。

本体価格€160
ペンポイント加工
(BBをZoomに加工)
€50
コーティング
(ホワイトロジウム)
€20
送料
(DHL)
€23.08
合計€253.08

※ : 購入時 2023.02 時点の価格

外貨なので変動しますが「1€=155円」とすると… 39,227円 です。
これにプラスして「関税、消費税、税関手数料」(およそ 2,000円(※))が必要です。
※:他のニブも一緒に購入しているので正確な金額がわかりません

ざっくり 4万円です。かなりいいお値段です。

2023.06.14 追記
FPnibsのペン先の金額が日本円表記に変更されていました。接続場所で日本と判断され表示を切り替えていると思われますが、日本からでも買いやすいようにということでしょうか。個人的にちょっと感動しました。

銀色のコーティングについて

銀色へのコーティングですが、ホワイトロジウムプラチナ があります。
ホワイトロジウムが €20 でプラチナが €15 です。
安い方がいいと思われるかもしれませんが、プラチナはキズがつきやすいようです(※)。
※:ポリッシュ加工(ツヤツヤ加工)の場合はホワイトロジウムの方がよさそうです。それ以外にもツヤ消し加工、サンドブラッシュ(ガラス粒子をちりばめた加工)もあります。

どちらも所有していますが、ティッシュで拭いていただけなのですがプラチナはキズがすぐにつきました。
ほこり等が直接の原因だとは思うのですが、キズがすぐについてしまったので、以降はホワイトロジウムでお願いしています。

購入時に戸惑ったところ

お恥ずかしい話ですが、これまで海外のサイトで買い物をしたことがなかったので、「ん?」と思ったところ(迷ったところ)があります。

カスタマイズ料金は後から請求される

カスタマイズ料金が後から請求されます。

以前は FPnibs でも最初の精算時にカスタマイズ料金も一括精算でした。
しかし、現在は 本体料金のみ購入時に支払い を行い、カスタマイズ料金は後から請求(※) されます。
※:時差の関係で翌日に請求が来ました

下の画像の赤枠の注意書きの箇所です。
カスタマイズを選択したにも関わらず、カスタマイズ料金が追加されず「大丈夫かな?」と思っていたところ、後から追加精算の連絡が来ました。

2024.03 追記
最後に購入したのが去年の12月でしたが、こちらは変更(元に戻った)になっているようです。オプションも購入時に加算されてるようです。

購入時にオプション料金も一緒に請求だと関税が高くなると思われます。

住所の書き方

これはもう場数ですよね…。

1回目の注文の時、普通に日本語で住所を記載していました。
すると「Could you translate your shipping address to western typography, please?」とメールが来ました。
一言でいうと「日本語ではわかりません」ということです。

知っている人からすれば当たり前なのかもしれませんが私は戸惑いました。
下記の例を参考にしてください。

例(架空の住所です)
郵便番号:103-0027
住所:東京都中央区日本橋〇-〇-〇 日本橋マンション 101号室
名前:山田 太郎
携帯番号:090-xxxx-xxxx

入力方法
(左)Last name山田Yamada
(右)First name太郎Taro
(左)Postal code103-0027103-0027
(右)Prefecture
(選択式です)
東京都Tokyo
City/ward/town/village中央区日本橋Nihombashi, Chuo-ku
Address〇-〇-〇〇-〇-〇
Apartment, suite, etc日本橋マンション101号室#101 Nihombashi-Apartment
Phone090-xxxx-xxxx090-xxxx-xxxx

到着するまでの期間

長期休暇期間(年末年始 等)を除けば、おおよそ1週間程度で届きます。

発送までの期間ですが加工が必要な場合でも2日後には発送してくれました(※1)。

そして、DHLですが早いです(経験上)(※2)。
タイミングによるのかもしれませんがお店発送後、2日か3日で日本には到着しています。
最短、発送後2日目に家まで届けてくれました。

※ 1:時差があるので厳密にはわかりません。当然ですが在庫ありの場合です。その他注意事項として、長期休暇の場合はお気を付けください。夏休み等、長い期間お休みされることがあるようです。
※ 2:地域によっては他の配送業者が代行する可能性があるかもしれません。あと、DHLは土日はお休みです。DHL以外ですとUPSになります。地域によって異なるのかもしれませんが、私の住んでいるエリア(関東)では最終的にヤマト運輸が届けてくれます。

関税について

”商品金額+送料” に対して、関税が必要な場合があります。

おおよそ16,666円以下であればかからない(免税)ようですが、詳しくはわからないので気になる方は調べてみてください。
関税の仕組みについては 財務省サイト をご覧ください。


ただ、特別に怖がる必要はなく、DHL(2023.02 時点の配送業者(※))が立て替えてくれてくれます(手数料が1,100円…)。

購入者としては、受け取り時に支払う、もしくはDHLが事前に関税決済の連絡(ショートメール OR メール)をくれるので、それに従いWebで決済を行えます。

※:1回目はUPSだったのですが、2回目以降、DHLでした。住んでいる地域によって異なるかもしれません。送料はDHLに変わって少し安くなりました(€3程度)。以前は購入時に選択できなかったですが、2023.12購入時は選択可能でした
UPSの場合、私の住んでいるエリア(関東)の場合、最終的にはヤマト運輸の方が自宅まで届けてくれて、受け取りの際に関税を支払います。エリアによって配送業者も変わるかもしれませんので参考までです。

ペン先ユニットの外し方



外すのは簡単ですが、メーカー保証対象外となります。
また、メーカーによってはペン先ユニット(※1)が 接着剤等で固定されている場合があるので注意してください(※2)。
※ 1 : ペン先ユニット とは「ペン先+ペン芯+ソケット(ハウジング)」を指します下の画像参照
※ 2 : 無理に外そうとして何本か ペン芯を折る首軸を割る変形して使えない ものになっています固定されている場合はペン先ユニットごとの交換はできません

注意

ペン先を外すことはメーカー保証対象外となりますので自己責任でお願いします。

外し方

固定されていないものは外すのは簡単です。
下の画像のような板ゴムでペン先を挟み、時計回りと反対 に回すことで外すことができます。

板ゴムはなくてもいいですが、ペン先とペン芯がズレないように包み込む意味もあるので、あった方がいいと思います。
板ゴムはホームセンター等で購入できます。

ペン先とペン芯がズレるのが不安な方は外す際にマスキングテープ等の粘着力の弱めのテープで固定してから作業をすると安心です。

その他 購入したペン先

上記のZoomニブ以外にカスタマイズして購入したペン先です。

BOCK 250(6号/#6)チタン製 アーキテクトニブ

こちらはBOCK 250(6号/#6)のチタン製ニブ(字幅:B)をアーキテクトニブ(※)に削り出してもらいました。
アーキテクトニブは筆記角度が重要なので、私の筆記角度に合わせて削り出してもらっています。
※ : ”アーキテクトニブ” とは? ~ ペン先がセーラー万年筆の長刀研ぎのような形をしていて、縦は細い字幅、横は太い字幅を書くことが可能。そのため、味のある文字を書くことができます

本体価格€72
ペンポイント加工
(Bをアーキテクトに加工)
€60
ペン芯の交換
(エボナイト製)
€25
合計(送料別)€157

※ : 購入時 2023.03 時点の価格

BOCK 250(6号/#6)チタン製

こちらはBOCK 250(6号/#6)のチタン製ニブ(字幅:EF)。
何も加工をしてもらっていません。
個人的なのですが筆記の際、14金よりもフワっと柔らかく感じます。個体差の可能性もありますがインクフローが非常によく、力を入れずとも筆記ができます。

本体価格€72
合計(送料別)€72

※ : 購入時 2023.02 時点の価格

BOCK 250(6号/#6)のスチール版はいくつかの字幅を購入しています。
刻印のあるもの、まったく刻印のないもの、色が違うもので若干、硬さが異なるのが興味深いところです。
価格は色により €13.2~€16.2 と若干の幅があります。送料の方が高いでの単体で購入するには少しハードルが高いです。

BOCK 250(6号/#6)スチール製 フレックス

こちらはBOCK 250(6号/#6)のスチール製フレックスニブ(字幅:EF)。
何も加工をしてもらっていません。
スリット深めで先端におもしろい切り込みが入っています(線はすべて切り込み)。

パイロットのフォルカン(10号)とは比べ物にならないくらい扱いやすく、フォルカン同様の線を描画できます。お値段もそこまで高くはないのもGoodです。
このペン先は楽しいです。

本体価格€25
合計(送料別)€25

※ : 購入時 2023.04 時点の価格

下の画像は描画できる線のサンプル。
スチール製のため、コシがあり ”グッ” と力が入ってもインクスキップするほど開くことはなく、非常に扱いやすいです。

BOCK 250 を使用できる万年筆(軸)

BOCK 250 を使うことのできる万年筆(軸)で手軽に手に入る最安値は「Asvine P50」(中国製)です(他にもあるようでしたらご教授ください)。

最初から BOCK 250 が搭載されたモデルもありますが、若干お高め。
はじめからペン先を変更するつもりで購入するのであれば Asvine のペン先が搭載されたモデルが安くて手に取りやすいです。
偏見ですが、昔は ”中国製はイマイチ” という考えがありました。しかし、最近の品質はすばらしいと思います。

他で手に入りやすいものであれば「カヴェコ[Kaweco]オリジナル 万年筆 250 」(ドイツ製)が手に入りやすいです。ドイツ製なので品質は間違いありません。

Asvine P50 ピストン万年筆

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
Amazonカスタマーレビューに移動しますカスタマーレビュー >

※ : Amazonカスタマーレビューに移動します

カヴェコ オリジナル 万年筆 250

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
楽天みんなのレビューに移動しますみんなのレビュー >

※ : 楽天みんなのレビューに移動します

JOWO(6号/#6)14金製 ソフトニブ

こちらはJOWO社の6号 ソフトニブ。
「ホワイトロジウムコーティング+ツヤ消し」加工です。

パイロットの ”フォルカン” ニブのようにサイドがえぐれていて非常に柔らかい書き味です。
フォルカン10号よりは硬く、フォルカン15号よりは柔らかい書き味です。

本体価格€120
コーティング
(ホワイトロジウム)
€20
ツヤ消し加工€5
合計(送料別)€145

※ : 購入時 2023.02 時点の価格

この金製の前にスチール製のソフトニブも購入したのですが、金製のペンの方がなめらかなのでこちらしか使っていません。

JOWO社のニブを搭載していてカスタマイズ可能、かつ比較的入手しやすいのは ワンチャー[Wancher]でしょうか。ワンチャーオリジナル商品(セーラー万年筆とのコラボ商品はNG)ですとJOWO社のペン先を使っています。
商品情報のペン先の欄に「ドイツ製JOWOニブ」と記載されています。ただ、ペン先の大きさ号数が 5号のもの6号のもの があるので注意が必要です。

レビュー記事はアップしていないのですが、私も何本か持っています。
Amazonより楽天市場の方が少し安く購入できることが多いようです。

下の画像はチタン製の軸の 1本。
ペン先を14金に変更して使用しています。

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

パイロットのソフトペン先、エラボー、フォルカンニブの記事です。

関連記事
比較|どう違うの?エラボー・フォルカンニブ(10号・15号)
比較|どう違うの?エラボー・フォルカンニブ(10号・15号)

JOWO(6号/#6)14金製 コーティングのみ

こちらはJOWO社の6号 通常ニブ。
「ホワイトロジウムコーティング」加工のみです。

本体価格€120
コーティング
(ホワイトロジウム)
€20
合計(送料別)€140

※ : 購入時 2023.01 時点の価格

シルバーへのコーティングには「ホワイトロジウム」と「プラチナ」があります。

画像の物は「ホワイトロジウム」ですが、これ以外に「プラチナ」コーティングの物も購入しました。プラチナはすぐにキズがついてしまったので以降は「ホワイトロジウム」にしています。

JOWO(6号/#6)のスチール版はいくつかの字幅を購入しています。
€13.5と購入しやすい金額ではありますが、単体で購入しようとすると送料の方が高くなってしまうので「何かと一緒に…」と購入しているうちに多くなってしまいました。

BOCK 060 14金製 カヴェコ版 コーディングのみ

こちらはBOCK 060 カヴェコニブ(号数でいうと3号?)。
「ブラックツートンロジウムコーティング」+「サンドブラスト」です。
ツートンが逆の方がカッコよかったかな…(逆も選択可)。

本体価格€128.1
コーティング
(ブラックツートンロジウム)
€25
サンドブラスト
(ガラス粒子加工)
€8
合計(送料別)€161.1

※ : 購入時 2023.04 時点の価格

人気のカヴェコ(スペシャル、スポーツ等)の14金製ペン先です。私はカヴェコスポーツ用にお迎えしました。
国内のお店(Professional Store)で買うよりもコーティング等のカスタマイズもできますし、わずかですが安く購入できます。ただし、ペン先交換の際の保証は付きませんので自己責任になります。
カヴェコの刻印がされたカヴェコ用のペン先のため「BOCK 060」では可能なカスタマイズの一部(※1)ができません。
※ 1 : ハート穴の加工、文字の刻印 等が不可

上記のカスタマイズした ペン先 + 送料(約3,300円)+ 関税・消費税(約2,000円(※2、3))→ 約30,000円 で購入しました。
金ペン化のみの場合、約25,000円(送料、関税等込み)程度で購入可能です。
※ 2 : €1 は 155円 として計算
※ 3 : 他のものと同時購入のため正確な金額は不明

BOCK 060 14金製 コーティングのみ

こちらはBOCK 060。カヴェコの刻印はありません。
「ブラックロジウムコーティング」+「サンドブラスト」です。

本体価格€125
コーティング
(ブラックツートンロジウム)
€20
サンドブラスト
(ガラス粒子加工)
€8
合計(送料別)€153

※ : 購入時 2023.04 時点の価格

BOCK 180 チタン製 加工なし

BOCK 180 チタン製のペン先です。こちらは何も加工をしてもらっていません。


”カヴェコ スペシャル 万年筆” ですが、実は 「BOCK 180」も装着可能です。
ハウジング(ソケット)が同じ大きさ、かつ キャップをした際、ペン先とキャップの間に隙間があるため装着可能です。

個人的にはこちらの方(BOCK 060 よりも BOCK 180)がバランスがいいと思います。

本体価格€45
合計(送料別)45

※ : 購入時 2023.05 時点の価格

JOWO(6号/#6)14金製 超極細

こちらはJOWO社の6号 通常ニブを「XXXF」に加工、「ホワイトロジウムコーティング」です。

加工してもらった筆記サンプルです。
上が今回購入したXXXF、下がプラチナ万年筆センチュリー#3776のEFです。紙はノーブルノート5mm方眼です。

プラチナ万年筆のEF字よりも細い印象です。JOWO社製は日本製のペン先より元々字幅が太い傾向にありますので、XXXF字にするとプラチナ万年筆のUEF字と同じくらいでしょうか。
以前、センチュリー#3776のUEF字を持っていたのですが、インクフローがよくなかったため、ほとんど使用することなく手放しました。そもそも、プラチナ万年筆はインクフローが抑え気味の傾向にありますし、UEF字ということもあり、なおさらのことだったのかもしれません。
今回、購入したXXXF字はインクフローもほどよく、活躍してくれそうです。さすがにカリカリ感はありますが、ここまで細いので致し方ないかと思います。

本体価格€108
ペンポイント加工
(EFをXXXFに加工)
€50
コーティング
(ホワイトロジウム)
€15
合計(送料別)€173

※ : 購入時 2023.12 時点の価格

まとめ

決して安い買い物ではありませんが、好きな軸で好きなペン先を使うことができるので愛着が沸くことは間違いありません。

日本にもこのようなお店があるといいのですが(実はある?!)、ないということは採算が取れないということなんでしょうね…。

私がお願いしたカスタマイズ以外にも、文字を刻印したり、フレックスニブにしてくれたり自分好みに加工してくれて楽しいです。

楽しいので一度、覗いてみてください(FPnibsのサイトはこちら)。

関連記事・おすすめ記事

人気万年筆 カヴェコ のペン先交換の記事です。

こちらもおすすめ
カヴェコ 万年筆 ペン先の交換方法|ペン先カスタマイズの楽しみ方
カヴェコ 万年筆 ペン先の交換方法|ペン先カスタマイズの楽しみ方

万年筆の楽しみ方のひとつのインク。
お店オリジナルのインクのリストです。

関連記事
まとめ|ショップオリジナルインク一覧
まとめ|ショップオリジナルインク一覧

カスタマイズではありませんが、特殊ニブの記事です。
セーラー万年筆Zoom(ズーム)ニブの記事です。

関連記事
レビュー|プロフィットスタンダード  ズームニブ(セーラー万年筆|万年筆)サインペン感覚で使える
レビュー|プロフィットスタンダード ズームニブ(セーラー万年筆|万年筆)サインペン感覚で使える

パイロット柔らかいペン先(エラボー、フォルカン)の比較記事です。

関連記事
比較|どう違うの?エラボー・フォルカンニブ(10号・15号)
比較|どう違うの?エラボー・フォルカンニブ(10号・15号)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  1. 万年筆初心者

    接着されているものの外し方教えてください

    • 紙とペンのブログ管理者

      万年筆初心者さん
      接着されているものは「外せない」と思った方が良いです。
      無理やり外そうとして数本ダメにしています。具体的には「首軸が割れる」(3本)、「首軸が変形して使い物にならなくなる」(1本)ということになりました。1本だけ接着剤が劣化していたようでキレイに外すことができたものがありますがこれは奇跡的だと思います。
      接着されていないもの(接着されていないメーカー)を探す方が賢明です。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました