タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 待茶屋 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

万年筆

【レビュー】ドリームペン チタン・ブラック 万年筆(ワンチャー[Wancher]|万年筆)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2024.01.07

※ : 上の画像のペン先はJOWO社製の物に変更しています

ワンチャー[Wancher]ドリームペン チタン・ブラック 万年筆。 ペン芯以外がオールチタンで作られたチャレンジングな万年筆です(厳密にはハウジングもチタンではありません)。

ワンチャー社製は樹脂軸万年筆(禅シリーズ)、チタン万年筆 プリモ[PRIMO]に続いて3本目となります。

個人的に少し前から金属軸ブームが来ており、チタン軸に興味を惹かれ、同じくワンチャー社製 チタン万年筆 プリモ[PRIMO]お迎えしました。そして、このドリームペン チタン・ブラック 万年筆もお迎えしました。

気になったのは下記の2点。

  • 重すぎる
  • キズが付きにくいコーティングのはずがキズがつく(※)

※ : ”PVDコーティング” が施されているためキズがつきにくいはずなのですが、初日にキャップポストしたところキズがつきました。キャップポスト非推奨であれば目立つところに記載して欲しいと思いました

ワンチャー チタン万年筆 プリモ[PRIMO]の記事です。

関連記事
【レビュー】プリモ万年筆[PRIMO](ワンチャー[Wancher]|万年筆)
【レビュー】プリモ万年筆[PRIMO](ワンチャー[Wancher]|万年筆)

ドリームペン チタン・ブラック 万年筆

楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
公式サイトに移動します公式サイトを見る >
この記事でわかること

■ ドリームペン チタン・ブラック 万年筆の特徴・スペック

ドリームペン チタン・ブラック 万年筆

ドリームペン チタン・ブラック 万年筆。
カートリッジ/コンバーター両用式。規格は欧州規格(ヨーロッパ規格)です。
※ : 上の画像のペン先はJOWO社製の物に変更しています

ワンチャー[Wancher]とは?

大分県にある日本の企業。
2011年創業と万年筆業界では新生ブランドではあるが、漆(輪島塗、会津塗 等)、蒔絵、エボナイトなど伝統的な技を取り入れ、日本三大万年筆メーカーにはない、特徴のある万年筆を数多く世に送り出している。

公式サイトはこちら
楽天市場はこちら

作り

ペン芯を除いてオールチタンで作られた万年筆です(厳密にはハウジングもチタンではありません)。
ペン先もチタン製。しかもペンポイントのイリジウムもついていないようです。

軸の表面には ”PVDコーティング” によるブラックマット加工が施されています。均一の薄い膜でコーティングすることでムラのない美しい発色を実現し、また傷が付きにくいという特長もあるとのこと。サラッとした肌触りです。

オールチタンの万年筆、幼少時代にオール金属製ロボットのおもちゃを手にしたようなワクワク感があります(※)。
※ : 昭和生まれの方には共感いただけると思うのですが…

ペン先

メーカーのロゴが刻印されたワンチャーオリジナルチタンニブが搭載されています。しかもこのペン先、ペンポイントまでチタンでできているようです。
ショーンデザインのモノックニブはハウジングもチタン製のようなので気になっていたのですが、価格とデザインが興味をひくものではないのでお迎えはしていません(そもそも、もう売っていない?)。

下の画像はエボナイト製のペン芯。ゴムっぽいにおいがします。



下の画像がペンポイントのアップ。
通常あるはずのペンポイントのイリジウムが見当たりません。この挑戦はすごいですね。

ペン先ユニットのサイズが長いようで首軸に収まっていません。
下の画像の矢印の箇所です。

ペン先ユニットは接着剤等で固定されていないので着脱が可能。JOWO社6号ペン先が使用可能でカスタマイズ性に優れています。

下の画像はJOWO社製のペン先に交換した状態。
JOWO社製のペン先の場合、ハウジングが見えません。JOWO社製ペン先装着時の方が3mmほどペンの長さ(※)が短くなります。
※ : ペンポイントから尻軸の先端までの長さ

ペン先の購入

海外のサイトではありますが「fpnibs」で検索してみてください。JOWO社、BOCK社をはじめ、様々なメーカーのニブを購入できます。私も何度も購入しています。
スペインのお店なので送料が 3,000円程度、期間は 1週間程度 必要です。
商品の価格によっては 関税が必要 となります。

ペン先を購入した際の記事です。

関連記事
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする
万年筆のペン先を交換|ペン先をカスタマイズ購入して自分だけの1本にする
チタンニブの書き味

オリジナルチタンニブの書き味ですが、第一印象としてやわらかいです。やわらかいというより ”よくしなる” といった方が適切かもしれません。

これまでBOCK社製のチタンニブは所有していたのでチタンニブの書き味はおおよそはわかっていましたが、ワンチャーオリジナルチタンニブはBOCK社製のチタンニブよりもしなる印象です。
しかし、残念なことにインクフローがあまりよくなく(※)ストレスを感じます。これは個体差の可能性もありますし、長く使っていくうちに改善される可能性もありますが、現段階ではイマイチです。
※ : インクスキップという感じではないのですがたまにかすれます

下の画像はBOCK社製のチタンニブ。

キャップ

上の画像の矢印がインナーキャップ。
商品ページには特に ”バネ” という記載はありませんが、バネが入っているようです。キャップに細いものを押し込むと中に入り込みます。

プラチナ万年筆のスリップシール機構と同じような仕組みと思われます。
スリップシール機構はキャップを回して、最後にバネの力を感じますが、ドリームペン チタン・ブラック 万年筆のキャップは最初に少しペン先を押し込んでからキャップを回さないと閉めることができません。少し慣れが必要です。

クリップ(なし)

クリップは付いていません。

インク補充方式

インク補充方式は カートリッジ/コンバーター両用式。
欧州規格(ヨーロッパ規格)です。コンバーターは付属しています。

サイズ・重さ

長さ154mm
軸のみの長さ141mm
軸最大径15.2mm
キャップ最大径17.0mm
重さ
(コンバーターを含め全体)
66.4g
キャップのみ25.1g
軸部41.3g

キャップポストはできません” というわけではないのですが、セットしてもすぐに取れてしまいます。それよりも 軸にキズが付きます。おそらくキャップポストは想定されていないと思われます。
キズが付きにくい ”PVDコーティング” が施されているということなのですがキズが付きました…。

サイズ比較

ドリームペン チタン・ブラック 万年筆は非常に大きな万年筆で迫力があります。

下の画像は大きさ比較のため私の所有している大きい万年筆と並べました。
上からドリームペン チタン・ブラック 万年筆、モンブランマイスターシュテュック149、セーラー万年筆 キングプロフィット(エボナイト)。まったく引けを取らない大きさです。

バランス

重心位置は中央のやや後ろ。
軸径の太さと重量があるため手に乗せるだけで力を入れなくとも筆記が可能です。ただ、かなり重量があるため長時間の筆記は手首が疲れます。
私は重量のあるペンは好きなのですが、さすがに重すぎるなと感じました。

まとめ

ワンチャー[Wancher]ドリームペン チタン・ブラック 万年筆、オールチタンの万年筆。
軸だけでにとどまらずペン先までチタンにしてしまうというチャレンジ精神がすごいです(尖ってますよね)。

ペン先の着脱が可能でJOWO社製 6号ニブも使うことができカスタマイズ性に優れています。
最初にセットされていたニブはオリジナルチタンニブはM字程度ですがもっと太い字幅でゆったりと使うのも楽しそうです。

楽天市場での購入はチタンニブのみですが、公式サイトからの購入の場合、スチールニブの選択も可能なようです。

ワンチャー[Wancher]は日本製でありながら、日本の万年筆三大メーカーにはないような特徴のある万年筆(個性のある万年筆)が多くあります。もしかしたら心に刺さる 1本が見つかるかもしれません。

公式サイトはこちら

ドリームペン チタン・ブラック 万年筆

楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
公式サイトに移動します公式サイトを見る >

関連記事・おすすめ記事

ワンチャー チタン万年筆 プリモ[PRIMO]の記事です。

関連記事
【レビュー】プリモ万年筆[PRIMO](ワンチャー[Wancher]|万年筆)
【レビュー】プリモ万年筆[PRIMO](ワンチャー[Wancher]|万年筆)

価格別のおすすめ 万年筆の記事です。

関連記事
おすすめ 万年筆一覧【価格別】1,000円台から10万円台まで価格別に掲載
おすすめ 万年筆一覧【価格別】1,000円台から10万円台まで価格別に掲載

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました