キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

シャープペン

レビュー|カヴェコスペシャル レッドエディション(カヴェコ|シャープペン)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2021.11.29

人気のカヴェコスペシャル レッドエディションです。
0.5mmシャープペンを購入しました。7,000円(+税)です。定番品より 2,000円 1,500 円 500円(※)高いですね…。
※ : 定番品が値上げしました。

限定商品なのでおそらくすぐに売り切れてしまうので ”おすすめのシャープペン” とは言いません(言えません)。

定番品(通常版)を ”神シャープペン” と言われる方もいるようですが、私はそうは思いません。汗をかくと滑るんですよね…(手汗の少ない人にとっては神シャープペンなのかもしれません)。
その点、この限定バージョンは肌触りが少しザラっとしているのでGoodです。

この記事でわかること

■ カヴェコスペシャルシャープペンについて

カヴェコスペシャル レッドエディション シャープペン

カヴェコスペシャル レッドエディションシャープペンです。

カヴェコとは?

カヴェコは1883年ドイツで創業され、ふたりの創業者の名前(KochとWeber)から、Kawecoの名称が生まれました。ドイツでも古い筆記具メーカーでしたが、1970年代にその幕を閉じ、現在ではドイツのGutberler Gmbh社(本社ニュールンベルグ)によって運営されています。

カヴェコスペシャル、人気ですね。売り方が上手なのでしょうか…。

これまで所有していたもの

これまでシャープペンの 0.9mm、2.0mm は所有していました。
シルバーのもの(0.9mm)もあったはずなのですが、見つかりませんでした(たぶん捨ててしまった…)。

値段が今より安かった(4,000円だったはず)のは覚えていますが、何年前に購入したか記憶がありません。

特別に ”カヴェコが好き!”、”すごいカッコいい!” 等の熱い思いで買ったわけではなかったです。

今でこそ 0.9mm、2.0mm のシャープペン(芯ホルダー)はいろいろ発売されていますが、当時はほとんど売っていなかったので購入しました。スッキリしたデザインに引かれたのだと思います。

特徴

八角形

特徴は八角形の軸の形状ですね。
通常、ペンは 3本の指で持つので 3の倍数がいいというところを八角形にするところはおもしろいですね。

定番品(ブラック、ブラス)と異なることとして色はもちろん違います。

マットな質感がGood

それ以外の大きな違いとして 質感がマット であることです。
すべり止めの理由かは不明ですが ツルツル、つやつや ではなく 質感がマットなのはいい ですね。

紙ヤスリで例えると#3000 ~ #5000 くらい(?)の触り心地です。
わかりにくかったらすいません。

定番品があまり好きじゃない理由として筆記の際、すべる ことです。
よくすべる…。

なので 0.5mm シャープペンは購入していませんでした。
しかし、このレッドエディションは定番品と質感が違ったので購入しました。

ブルーエディションもマットな質感?

もしかして、ブルーエディションもそうだったのかな?だとしたら欲しかった…。

サイズ・重さ

計測箇所サイズ
全長140mm
最大径(クリップは除く)10.0mm
計量パーツ重量
全体16.0g

造り

外観は全て金属製です。

バランス

重心位置の画像です。中心より少し前です。
前重心で書きやすいです。

まとめ

人気のカヴェコスペシャルレッドエディションでした。
限定品なのですぐになくなってしまうと思われます。すでにメルカリ等に高額で出品されていますね…。

お店等で見かけたらチェックしてみてください。

すべらなければ・・・

定番品(ブラック)に関してですが、気持ち太めの軸でバランスが良いのに すべってしまう のが非常に残念です。

”神シャープペン” と絶賛している方もいますが、個人的には「ん?」とちょっと違和感を感じます。

汗をかいたりすると、すべってしまってしんどいです。

もしかしたら、私の使い方(使うシーン)を間違っているのもしれません
(いえ、シーンなんて関係ないですよね。使いたい時に使う!)。
昔、資格試験で焦って手汗が出ている時にすべるすべる…。

ただ、どこを重視するか、どういったシチュエーションで使うか、そして、好みもありますのでこればっかりは仕方ないのかな…。

また、昨今の日本製のシャープペンであれば、芯が折れにくい機能が搭載されているものが多いです。

カヴェコスペシャルにはそのような機能は全くありません。
筆圧の強い方が普段使いにというのにはイマイチですね。

レッドエディションはおすすめできます

レッドエディションのようにすべりにくい質感であればおすすめできます。
限定商品なのがもったいないですね。
これもマーケティングなんでしょうかね。

リニューアルされている?

私の所有しているものが古いだけで新しいものは質感が違ったりするのか?!
最近のシャープペンは口金パーツが一体型ではないですしね。

さすがに定価での購入は難しそうですが多少在庫はありそうです。

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >

関連記事・おすすめ記事

芯径が0.7mmのみですが、太軸で重さのあるシャープペンです。
肌触りが少しザラっとしていてGoodです。

こちらもおすすめ
レビュー|HMM ペンシル(HMM|シャープペン)太い軸でシンプル
レビュー|HMM ペンシル(HMM|シャープペン)太い軸でシンプル

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました