キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

万年筆

レビュー|モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナライン(MONT-BLANC|万年筆)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2021.09.24

ペン先: オリジナル ペン先固定なし ※要工具
マイスターシュテュック 149 プラチナライン

モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナライン> 口コミをチェック ※] です。
※ : 楽天みんなのレビューに移動します

この記事でわかること

■ モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナラインの特徴・スペック

いよいよ「最後にたどり着く 万年筆」(と比喩されることが多い万年筆)です。


”いよいよ” というのはどうしても ”自分がモンブランを語っていいの?” というのが先行してしまうほど、モンブランの万年筆はハードルが高い(勝手なイメージ)です。

語る 以前 に ”自分がモンブランを持つのにふさわしい人間なのか?” という考えが先行してしまい、「買う?」、「買わない?」を長い時間迷いました。

遅かれ早かれきっと最後は購入するのだろうから、この「迷っている時間がもったいない」と思い購入に至りました。

マイスターシュテュック 146(以降、146 と記載) の時も同じ感覚でしたが、146 が良かったので 146 ほどは悩まず購入してしまいました。


同じ様な考えの方のお役に立てれば嬉しいです。

モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナライン

モンブラン マイスターシュテュック 149 インク補充方法が吸入式の万年筆です。
以降、「149」 と記載します。

カラーは「ブラック × シルバー」の プラチナライン です。

最後にたどり着く万年筆…

「最後にたどり着く万年筆」といわれる万年筆です。
(私は最後ではありませんでした…)

モンブランのイメージといえば…

  • 圧倒的なブランド力
  • 万年筆といえばモンブランという知名度

といったところでしょうか。

ただ、ブランド力、知名度、価格 に恥じない万年筆です。
どっしり構えた太めの軸、大きなペン先でゆったり文字を書くことができます。

楽天みんなのレビューに移動しますみんなのレビュー >

※ : 楽天みんなのレビューに移動します

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >

スペック

大きさ

大きさ比較のために並べてみました。
上が 146、下が 149 です。

マイスターシュテュック146 との比較表です。

149146
長さ149mm146mm
キャップを外した長さ133mm127mm
胴軸最大径15.4mm13.4mm
全体の重さ32.2g26.0g
胴軸のみの重さ21.4g16.0g

形状

”THE 万年筆” という形状です。万年筆の基本の形ですね。
そもそも、マイスターシュテュックが万年筆の形の原型?!


ペン先

ペン先には 4810、ホワイトスター、18金(Au750) が刻印されています。
キレイなバイカラーです。

サイズ・重さ

万年筆-サイズ
計測箇所サイズ
全長149mm
キャップをはずした長さ133mm
キャップポストした時
の長さ
168mm
キャップのみの長さ71mm
胴軸最大径15.4mm
キャップ最大径
(クリップは除く)
17.4mm
計量パーツ重量
全体32.2g
軸部のみ21.4g
キャップのみ10.8g

作り

レジン

クリップ、留め金以外 はレジン製です。
”モンブラン プレシャスレジン” といわれるレジンです。
他社のレジンよりもしっとり手に馴染みます。

キャップ

キャップはネジ式です。
乾燥にはかなり強いです。

インク窓

ブルーブラック系のインクが少し入っている状態です。

バランス

バランスが良い

筆記の際は、キャップポストしても、しなくてもどちらもバランスがいいです。
個人的にはキャップポストしない方がしっくりきます。

長時間筆記も疲れにくい

どちらにしても軸が太めでなだらかな流線型、かつ プレシャスレジン のおかげでしっとりと手に馴染み、長時間の筆記でも疲れにくいです。

重心

重心位置の2画像です。
まず、キャップポストした場合、キャップと軸の所で中心より気持ち後ろです。

キャップポストしない場合、中心よりやや後ろで一番太いところです。

書き味・字幅

書き味

インクフローは潤沢という感じではないです。個体差なのかもしれません。

1本しか所有していないので比較ができませんが想像していたほど潤沢ではありません。

私が所有している 146 がかなりインク量が潤沢というのもあるのですが、それよりは渋く感じます。渋いというよりは ”濃淡がより出る(出せる)、節度を持った程よいインク量” という印象です。

ニブの大きさ、素材の材質の違い(柔らかさ)による濃淡の違いかも知れません。
万年筆の筆跡を楽しむにいいです。

146 と違うところは大きさ・太さで、やはり大ぶりで外出先で使うにはあまり向かないです。細かい文字を書くのにも向きません。普段使いには小回りの効く、146 ですね。
149 は自宅でじっくり、ゆったり使うのがふさわしいです。

書き味エピソード

149を特段書きやすいと思うこともなく、数年使っていたある時「書くことに集中している」自分に気づき、鳥肌が立ったことがあります。

私は文字を書くことは好きですが、仕事としているわけではないので一日中書いているということはありません。そんな私がある時、ササっと考え事をしながら149でメモ(A5用紙1枚程度)をし、キャップを閉めました。その後、ふと我に返った時に鳥肌が立ちました。

何が良かったのかは正直わかりません。私の149はEF字、かつインクフローが潤沢というわけではないので、ヌラヌラと筆記できたわけではありません。しかし、149から筆記される線がとてもキレイで気持ちよく感じました。インクが途切れる気がしないと思えたところが良かったのかもしれません。とにかく書くことに集中していた自分に気づきました。これがモンブラン149の力なのか…と思ったのです。今までに感じたことのない感覚だったため鳥肌が立ったのです。
それ以降、149はやっぱり良い万年筆だと思うようになりました。

もっと柔らかく、ヌラヌラ感を味わうのであれば別記事で紹介しているのですが、セーラー万年筆の ”キングプロフィット” をおすすめします。
キングプロフィットは感動するほどヌラヌラ書けます。
> セーラー万年筆 キングプロフィットとは?
(ブログ内のリンクです)

字幅

私の所有しているものは極細(EF)です。
海外製(ウエスタンニブ)によくある ”日本製と比較して太め” の字幅です。
日本製に例えると細字から中細といった感じです。

極細ですが、細字によくある カリカリ感 はまったくありません。

下の画像は字幅のサンプルです。
紙は ライフ ノーブルノート 5mm 方眼です。

モンブランのペンポイントは長めに研ぎ出されています。

そのため、セーラー万年筆の ”長刀研ぎ” とまではさすがに行きませんが角度によって、少し太めの文字を書くことができます。

他のブランドの万年筆の場合、ペン芯とニブがしばらく使っているとわずかですがズレることがあります(手で直せるレベル)。
しかし、モンブランに関しては全くズレません。
小さな事かもしれないのですが、非常に安心感があります。
ペリカンもズレません。ペリカンの場合、金属で固定されているためだと思いますが…。

気になるところ

個人的には下記の点が気になります。

気になるところ

■ 販売価格が高い(※ 1)
■ 純正のインク以外を使用すると保証外になることがある(※ 2)
■ ペンクリニック等で断られることがある(※ 3)
■ キャップを閉める時の回転数が多い(※ 4)
■ 大きい(※ 5)
■ ペン先が硬い(※ 6)
■ 他の吸入式より洗浄に苦労する気がする(※ 7)
■ 分解するのに専用の工具が必要。かつ難しい(※ 8)

※ 1:これは仕方ないんですかね。値段を忘れさせてくれる素晴らしいもの、所有欲を存分に満たしてくれる 1本ではありますが、簡単に買える値段でないのは否定できません。
※ 2:有名な話(?)でモンブラン以外のインクを使うとインク起因でない場合も保証対象外となる場合があります。
※ 3:こちらも有名な話(?)で調整等を断られることがあるようです。
※ 4: についてですがこれまであまり気にしたことがなかったのですが、ペリカン(M805) 約1回転でキャップが締まりますが、149 は約1.75回転です…。大した差ではないか?!
※ 5:説明するまでもないと思いますが、大きいので外出先で使うという感じではないです。
※ 6:好みの要素が強いですがペン先が硬いです。いわゆる「ガチニブ」です。気持ち柔らかくても…とは思います。
※ 7:明確な数値等があるわけではないのですが、ペン先を水につけ置きしても他の万年筆よりインクが抜けきるのに時間を要する気がします。吸入式でペン先を取り外せないというのがやはりネックでしょうか…。
※ 8:自分で分解せず、メーカーにお願いするのが正しいです(分解すると当然のことながら保証対象外になります)。自分でメンテナンスするには専用の工具が必要です。そして、分解して再度使えるようにするのが少し難しいです。

まとめ

「最後にたどり着く万年筆」にふさわしい万年筆です。
(記載しましたが私は最後ではありませんでした…)


年代によって書き味が違うようです。

”xx年代のものが柔らかい書き味で良かった” 等の話も聞きますが、そこに手を出してしまうと本当に抜け出せない沼に入り込んでしまうので私はやめています。

私の所有しているものは現行バージョンですが不満はありません。
(いや、あります。高いです…)

お金があれば149を買いなさい、お金が無ければ貯めて149を買いなさい。」という言葉があるように偉大な万年筆。

最高の一本、一生モノの一本、モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナライン でした。

購入検討の際にお役立てください。

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
楽天みんなのレビューに移動しますみんなのレビュー >

※ : 楽天みんなのレビューに移動します

関連記事・おすすめ記事

ひとまわり小さいモンブランマスターシュテッュク 146 の記事もご覧ください。
146 の方がサイズ的に汎用性が高いのではないのかな?とは思います。

こちらもおすすめ
レビュー|モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146 プラチナライン(MONT-BLANC|万年筆)
レビュー|モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146 プラチナライン(MONT-BLANC|万年筆)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました