キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

ラミー(LAMY)万年筆用 洗浄キットの作り方

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2024.06.01

ラミー(LAMY)万年筆(カートリッジ/コンバーター両用式)用洗浄キットの作り方です。

コンバーターで水を出し入れすることで洗浄することも可能ですが、なかなか根気のいる作業です。この洗浄キットを使えば簡単に洗浄が可能となりますのでお試しください。

この記事でわかること

■ ラミー万年筆 洗浄キットの作り方

洗浄キットの作り方

必要なもの作り方です。

必要なもの

用意する材料は2つだけです。

  • ラミーのカートリッジの空
  • シリンジ

材料

1 ラミーカートリッジの空

2 シリンジ

ハンズ等の大型雑貨店であれば200円ほどで購入できると思います。
下の画像は20ml。

工具

用意する工具は1つだけ

  • 大き目のハサミ

1 大き目のハサミ

作り方

作り方です。

カートリッジをカットする

空カートリッジの後方の細い部分を数ミリカットする(下の画像の矢印の辺り)。
大き目のはさみであれば簡単に切ることができます。

シリンジにカットしたカートリッジをセットする

シリンジに STEP1 でカットしたカートリッジをセットする。
グッと押し込むとちょうどはまります。


STEP1

空カートリッジの後方の細い部分を数ミリカットする(下の画像の矢印の辺り)。大き目のはさみであれば簡単に切ることができます。

下の画像がカット前とカット後を比較したもの。


STEP2

STEP1 をシリンジにセットする。グッと押し込むとちょうどはまります。

以上で完成です。

カートリッジをセットする要領で、首軸にセットして水の出し入れを行えばキレイに洗浄することができます。

まとめ

以上が洗浄力抜群のラミー用洗浄キットの作り方でした。

グルーガン等で接着すれば完全に固定できますが、使っていて簡単に外れることはない(シリンジからカートリッジが外れること)ので、私はこのまま使っています。

洗浄力抜群!

簡単に作成できて洗浄力抜群です。

作成した洗浄キットですが 注意点があります

注意点

首軸を押さえずに押し子(シリンジのピストン)を押し込むと水流が強いため首軸が飛ぶことがあります。必ず首軸を押さえて押し子を押し込んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました