カスタマイズ

加工しないでファーバーカステルをゲルインクにカスタマイズ

紙とペンのブログ管理者

「ゲルインクボールペンの高級軸ないかな?」と思ったことはないでしょうか。

最近では 1,000円 ほどで金属製のものも発売されていますが、さらに上の 高級軸 ファーバーカステルクラシックローラーボール をゲルインクペンとして使う方法を紹介します。

加工なし」、「工具を使わない」で最高級のゲルインクペンになりますのでご覧ください。

この記事でわかること

■ ファーバーカステルクラシック ローラーボール をゲルインクペンとして使う方法

ファーバーカステル クラシックコレクション エボニー

ファーバーカステル クラシックコレクション エボニー ローラーボール です。
日本では一般的には水性ボールペンと言われる筆記具です。

別の記事で特徴・スペック等の詳細を掲載していますので下記の記事をご覧ください。

  • > ファーバーカステルクラシック ローラーボール
    (ブログ内のリンクです)
  • ゲルインクを使用するには?

    少し調べればわかったとは思うですが、リフィルの形状が通常の C-300型 ではありませんでした。
    これまで私は C-300型 しか所有していなかったのです。

    いずれにしても、ローラーボールのインクの色は 黒、赤、青、ブルーブラック くらいが一般的です。

    ところが、非常にたくさんの色が使えるようになります。

    サラサのインクが使える!

    ZEBRA SARASA のリフィル が使える(サラサDryもいけます) のです。
    何もリフィルを 加工せずにそのまま使える のです。

    ZEBRA SARASA のリフィル(替え芯)が使える!

    ボヤキです…
    日本の筆記具の書き味、カラーバリエーション、品質は世界トップクラスだとは思うのですが軸に関しては地味目のものがほとんどです。

    日本の軸が地味なものが多いのは元々、日本でリフィル(替え芯)を買って、入れ替えて使うという発想があまりないからではないかと考えています。

    100円 程度で書きやすいペンがすぐに買えてしまいますからね。

    ただ、このあたりの考え方は最近では徐々に変わりつつあるとは思ってはいます。

    不景気の煽りを受けて、会社での文房具の支給がなくなったりして「自分で買うなら少しいいペンを使いたい」という考えの人が増えて来ているのでは…。

    これまでいろいろな軸(主に海外製)で日本製の替え芯を使う時には何か後ろに差し込んだり、削ったりして使ったりしていましたが、そのまま使えます。

    気になるところ

    強いて言えばペン先のガタツキ(書いている時にカチカチする音)が嫌なのでペン先にマステを巻いています。
    マステはmtのシルバーをカッターでカットして貼っています。

    シルバーなので少しはみ出ても目立ちません。

    マスキングテープ でガタツキ防止!

    矢印の箇所にマステを巻いています

    使用しているマステは下記の記事をご覧ください。

    おすすめのマスキングテープはこちらをご覧ください。

  • > おすすめのマスキングテープ
    (ブログ内のリンクです)
  • その他 使えるリフィルもある

    SARASA と記載しましたがその他メーカーのリフィルでも使えるものもあります。
    私が確認している(所有している)リフィルだけパイロット(LP2RF、LG2RF)、ぺんてる(エナージェル系)、三菱UNI(UMR系) … 選択の幅が広がりすぎて困りますね。

    まとめ

    以上、お値段は高いけれど、私の中では最強のゲルインクボールペン、ファーバーカステル クラシックコレクション エボニー ローラーボール で ゲルインク を使う方法でした。

    ただし…

    注意点

    他社メーカーのリフィルを使用することはメーカー推奨の使い方ではありませんので自己責任でお願いいたします。
    また、リフィル製品の仕様変更等でこれまで記載の方法で再現出来ない可能性もあり得ますのでご注意ください。

    「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    ABOUT ME
    紙とペンのブログ管理者
    紙とペンのブログ管理者
    文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

    記事URLをコピーしました