【レビュー】ラミーアルスター|AL-star(LAMY|万年筆)

ラミーアルスター(LAMY AL-star)万年筆です。

大人気 万年筆 ラミーサファリ(LAMY Safari)の金属軸モデル。
サファリ(Safari)と比較すると高級感がプラスされ、ちょっと大人の万年筆になっています。

この記事でわかること

■ ラミーアルスター(LAMY AL-star) 万年筆 の特徴・スペック

ラミーアルスター 万年筆 レビュー

ラミーアルスター(LAMY AL-star)万年筆。
カートリッジ/コンバーター両用式です。

↑ 目次へ戻る

特徴的なクリップとグリップ

ちょっと紛らわしいですが、”クリップ” と ”グリップ” が特徴的です。

サファリ(Safari)の代名詞といえば、大きなワイヤークリップ。
ワイヤークリップはこのアルスター(AL-star)にも採用されています。

こちらもサファリ(Safari)同様、正しい位置でグリップできるように三角グリップになっています。
サファリ(Safari)のグリップ部は軸の色と同じですが、アルスター(AL-star)は黒の半透明樹脂です。

↑ 目次へ戻る

スペック

サイズ・重さ

計測箇所サイズ
全長139mm
キャップをはずした長さ130mm
キャップポストした時
の長さ
170mm
キャップのみの長さ64mm
胴軸最大径12.8mm
グリップ部最大径10.5mm
キャップ最大径
(クリップは除く)
15.0mm
計量パーツ重量
全体(※)19.7g
軸部のみ10.1g
キャップのみ9.6g

※:カートリッジ、コンバーターを含まず

↑ 目次へ戻る

造り

軸とキャップの素材はアルミ製。
グリップ部は樹脂製。

ペン先

ペン先はスチール製。
しなりますが硬めです。

サファリ(Safari)と同じペン先です。

キャップ

キャップは嵌合式(パチンととめるタイプ)です。

クリップ

特徴的なワイヤークリップ。
ほどよい硬さです。

グリップ

特徴的な三角グリップ。
正しい位置でグリップできるのでベストな状態(角度)で筆記できます。

コンバーター

コンバーターは別売り。
メーカーオリジナル規格です。

下の画像の赤矢印はラミーのコンバーター特徴の突起。

下の画像は首軸。
コンバーターの突起が首軸の赤丸の箇所に ”カチッ” とはまり取れにくくなっています。

↑ 目次へ戻る

形状

ひとめで ”ラミー” とわかる形状(デザイン)。

インク残量がわかるインク窓。

↑ 目次へ戻る

重心

重心位置の 2画像です。
まず、キャップポストした場合、キャップの少し前あたり。

当たり前ですが、グリップ部を持って筆記するように設計されているはず…。
グリップ部を握り、キャップポストして筆記すると振り回される印象を受けます。

インク窓辺りを握って筆記すると振り回される印象はなくなるのですが、グリップ部の意味がなくなります。

キャップポストしない場合、中心より少しだけ後ろ重心。
太さの割に軽いため、振り回される印象はありません。

個人的にはキャップポストしない方が書きやすいです。

↑ 目次へ戻る

書き味・字幅

インクフローはよく、サラサラと筆記することができます。
EF(極細字)は少しカリカリした書き味。

日本製と比較すると 若干太めの字幅。

字幅は下記のラインアップです。

  • EF(極細字)
  • F(細字)
  • M(中字)

↑ 目次へ戻る

カラー展開

毎年限定カラーが発売され、コレクションする人もいるほど。
定番品としてラインナップされているのは下記です。

  • グラファイト(記事掲載のカラー)
  • オールブラック
  • オーシャンブルー
  • トルマリン
  • ディープパープル
  • ブロンズ

↑ 目次へ戻る

サファリ(Safari)との比較

サファリ(Safari)との比較です。

サイズ・重量

アルスターサファリ
長さ139mm139mm
キャップを外した長さ130mm130mm
キャップポストした際
の長さ
170mm166mm
胴軸最大径12.8mm12.2mm
全体の重さ(※)19.7g15.6g
胴軸のみの重さ10.1g8.1g

※ : カートリッジ、コンバーター含まず

サイズ・重量 以外

アルスターサファリ
価格(税抜)5,000円4,000円
軸の素材金属(アルミ)樹脂
グリップ部の色黒の半透明軸と同じ色
知名度マイナーメジャー
カートリッジラミー
オリジナル
ラミー
オリジナル
コンバーターLZ28LZ28

↑ 目次へ戻る

気になるところ

個人的に気になるところです。

気になるところ

■ 価格が高い(※ 1)
■ 大きすぎるクリップ(※ 2)

※ 1 : サファリ(Safari)と比較した場合、1,000円以上の価格の差を感じることはできます。しかし、そもそもが少し高い気がします。海外製なので仕方ないのか…。
※ 2 : 特徴(象徴)のはずなのですが、少し大きすぎると感じています。全体的な形状、質感が好きなのですがクリップが…と思っています。それ以外は書きやすいし、いい万年筆です。

↑ 目次へ戻る

まとめ

海外製万年筆で最も有名なサファリ(Safari)の金属軸モデルのアルスター(AL-star)。

サファリ(Safari)とアルスター(AL-star)の定価での価格差は 1,000円です。
個人的には価格差以上の高級感をアルスター(AL-star)には感じます。

どちらも筆記機構(ペン先、ペン芯)は同じなので筆記できる線は同じです。
軸の違いをどうとらえるか…。

高級感を求めるのであればアルスター(AL-star)。
安さ・軽さを求めるのであればサファリ(Safari)でしょうか。

安さを求めるのであれば、パイロットのライティブ方がいいと思います。
同価格帯で金属軸であれば プラチナ万年筆のプロシオンですね。

こちらもおすすめ
どちらもブログ内のリンクです。

パイロット ライティブの記事です。
分解をして詳細まで調査しています。
≫ パイロット ライティブ レビュー

同じ価格帯でおすすめのプラチナ万年筆 プロシオンの記事です。
≫ プラチナ万年筆 プロシオン レビュー

ラミーアルスター(LAMY AL-star)万年筆

ラミー コンバーター

参考になったよ!という方は下の「いいね」ボタンをクリックしてただけると嬉しいです(+1されます)。
フォローしていただけたら嬉しいです。