木軸ペン

【木軸】レースウッド シャープペンシル Mark2(steef|木軸シャープペン)

紙とペンのブログ管理者

steef レースウッド シャープペンシル Mark2 レギュラータイプ をお迎えしました。
BASE で購入しました。

杢を撮影した動画です。

レースのような杢目?

レースのような杢目ということで ”レースウッド” というそうです。
私のイメージするレースとはまた違うような気がしますが…。

木の表面のような杢の面と魚の鱗のような杢の面(如鱗杢 または 魚鱗杢 というらしい)。
おもしろいです。今まで私の所有しているものにはない杢目です。肌触りも今までにない印象です。なめらかなのですが、”しっとり” ではなく、”サラっ” とした印象。
紙の表面のようなさわりごこちです。

この記事でわかること

■ steef レースウッド シャープペンシル Mark2 のすばらしさ

steef レースウッド シャープペン Mark2

steef とは?

高校生の息子と立ち上げたクラフト工房です。
親子で商品を一つ一つ真心を込めて、お客様に気に入って使って頂けるよう、丁寧に手作りしております。

公式サイト(BASE)より引用 サイトは こちら

“高校生の息子” というのが非常に気になりますね。
どの程度、息子さんが関わっているのか…。

造り

シャープペンの芯径は 0.5mm です。

おもしろい杢ですね。世の中、知らないことが多すぎます。日々勉強です…。
表面はなめらか、グリップ部が最も太く、流線型の形状です。

素材

外観として、軸はもちろんレースウッド。口金部とクリップ、ノック部、軸の内部のパイプが金属製です。
芯タンクは樹脂製。

内部は金属パイプが通っています。

先端部からは上手く撮影できませんでした…。

様々な角度から。

クリップ

クラシカルな印象のクリップ。
軸に直接 固定されているので、動かさない方が良さそうです。

すでに記載しましたが、表面が非常になめらか。紙のように ”サラっ” とした ”やわらか” なさわりごこちです。
今までに、木軸ペンでは感じたことのない感覚です。
木、特有のへこみも見当たりません。

ペン先・重心

ペン先は固定式。
筆記の際、グラつくことはなく、気持ちよく筆記できます。
そして、低重心なので書きやすいです。

シャープペン機構

ノックした際の芯が出る長さは 10回 のノックで 約6mm です。
ぺんてるシュタインの内部機構かと思ったのですが 10回 のノックで 約6mm。
ノック音も少し違うような…。誤差のレベル?!
少し調べてみます。

サイズ・重さ

木軸筆記具は同じものはないので参考値です。

長さ144mm
最大径(※)12.4mm
重さ18.3g

※ : クリップは含まず

口金は交換可能

下の画像は、一番上が元々使用されている口金です。
真ん中が ぺんてる STEIN の口金、一番下が ぺんてる PG-5 の口金。
画像では少し違って見えるかもしれませんが全て装着、使用が可能です。

まとめ

グリップ部はある程度太さがありますが、全体的に細身の印象。

他の工房と比較して安い印象です。
もう少し高い価格設定でも欲しい人はいるとは思います。
個人的には形状が好きで別の樹種も欲しいです。
販売される(されていた)本数が少ないようで、次の発売はいつでしょう…。

今後の展開が楽しみです。

関連記事
木軸筆記具のブランド(メーカー・工房)のまとめ記事です。
> まとめ|木軸筆記具ブランド(メーカー・工房)
(ブログ内のリンクです)

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました