カスタマイズ

ラミーサファリローラーボールをゲルインク・フリクションインクにカスタマイズ

紙とペンのブログ管理者

カジュアルなデザインとビビットなカラー展開がされている ラミーサファリ(LAMY Safari)。
ラミーサファリ(LAMY Safari)ローラーボールでゲルインク、フリクションインクを使用する方法を紹介します。


ユニボールシグノエナージェル 等の人気ゲルインクが使える様になりますのでぜひご覧ください。

この記事でわかること

■ ラミーサファリ(LAMY Safari)ローラーボール で ゲルインク、フリクションインク を使う方法

ラミーサファリ(LAMY Safari)

ラミーサファリ(LAMY Safari)ローラーボールです。


ラミーは高いデザイン性と機能性を併せ持ったドイツの筆記具メーカーです。

そして、この Safari ですがLAMYの代表的なシリーズです。
万年筆の方が有名ですね。”はじめての万年筆におおすすめ!” とか紹介されたりもします。

このカジュアルなデザインとビビットなカラー展開がされているラミーサファリ(LAMY Safari)にゲルインク・フリクションインクをセットして使用できます。

ブラック、ホワイトレッド、ブルー、イエロー、スケルトン(画像の物)、シャイニーブラック、グリーン、ピンク などが定番カラーとして発売されていますが、年毎の限定色もあったりで、コレクションする人がいるほどです。

Amazonのサイトに移動しますAmazonで探す >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で探す >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooショッピングで探す >

ゲルインク・フリクションインクを使用するには?

この Safari に世界トップレベルの書き味を誇る日本のゲルインク、フリクションインクの替え芯を使用できます。

日本のゲルインクと言えば、書き味、カラーバリエーションが豊富で書くことを楽しくしてくれる商品がたくさんあります。
耐水性に優れているといったメリットもあります。

説明不要かと思いますがフリクションインクは日本の筆記具メーカーパイロットの世界中で愛用されているインクです。2019年の情報ですが世界中で 30 億本売り上げているそうです。

これらを Safari で使えたらいいですよね。
その方法を紹介します。

2 パターンがあり、補助パーツを 作成するパターン作成しないパターン があります。
(2021/08/23 作成しないパターン を 1つ 追記しました)

補助パーツを 作成するパターン

補助パーツを作成します。

作成方法は下記の記事をご覧ください。
> 補助パーツを作る
(ブログ内のリンクです)



おわかりかと思いますが、下の画像の順番にセットします。
この時、マスキングテープで固定する方がセットしやすくていいです。
画像のように透明軸の場合、お気に入りのマステ等でデコれば外から見えて気分も上がります。

補助パーツを 作成しないパターン1

補助パーツを準備します。2パターンあります。

準備するものは下記の記事をご覧ください。
> お世話になっているパーツ
(ブログ内のリンクです)

こちらの方がパーツを用意するだけなので簡単ですね。
同様に下の画像のようにセットします。

補助パーツを 作成しないパターン2

6mm 径の球体を下の画像のようにセットします。
ビーズ、パワーストーンであれば色があるものを使用するとワンポイントアクセントにもなりますね。

実は…これで代用できます

4mm の補助パーツは市販されているもので代用可能です。

下の画像にあるものです。
「スペーサー」です。画像のものは 外径 6mm 、長さ 4mm です。
 

 
下記の「まとめ」の一覧にある A の項目が「4mm」のものはこの代用品で使用可能になります。

「スペーサー」で代用もできる。

スペーサー 4mm 10個入

楽天市場のサイトに移動します楽天市場で探す >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooショッピングで探す >

※ : およそ 300円 です

まとめ

以上がラミーサファリ(LAMY Safari)ローラーボール で ゲルインク、フリクションインク を使う方法でした。

軸の色が可愛くてポップなラミーサファリ(LAMY Safari)に書き味最高の日本のインクを使えるのはすばらしい(と思っています)。
比較的かんたんなカスタマイズですので、ぜひ試してみてください!

注意点

メーカー推奨の使い方ではありませんので自己責任でお願いいたします。
また、リフィル製品の仕様変更等でこれまで記載の方法で再現出来ない可能性もあり得ますのでご注意ください。

おまけ

私が現在、所有していたもので確認できたものですが一覧表にします。
最終更新日:2021/08/08

メーカー型番ABC
三菱鉛筆UMR-82、83、83E、
38S、05S
4mm× ×
UMR-85E、85N4mm
UMR-87、87E4mm
※ 3
URR-100-054mm
ぺんてるKRN43.9mm× ×
KLR5、LR7、LR104mm ×
ZEBRAJF-0.4、0.5、0.7、1.0
JLV-0.5
3.6mm
※ 1
× ×
コクヨPRR-EG504mm××
パイロットLFBKRFx、LP3RF12Sx4mm
※ 2

A:自作 補助パーツ が必要な場合の必要な長さ(私のおすすめの長さ)
  → ペン先の出ている長さには好みがあると思いますので、長めから好みで削って調節してください
B:パイロットのパーツで使用可能か。「○」使用可、「×」使用不可
C:6mm 程度の球体で使用可能か。「○」使用可、「×」使用不可
※1:使用可能ですが、ペン先があまり出ないのでバランスが悪く感じ、個人的にはあまりおすすめしません。
※2:パーツがはまらないのでマスキングテープで固定すれば可能。
※3:若干ゆるい

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました