キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

カスタマイズ

補助パーツを作る

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2021.07.10

カスタマイズする際に頻繁に使用する補助パーツがあります。
加工しなくても使えるものがあればいいのですが、ほとんどの場合、自作が必要です。

私の使用している補助パーツの作り方を紹介します。

補助パーツの材料

コンビニ等でもらえる割り箸、もしくは ゲルインク 等の樹脂製の使い終わったリフィルを主に使用しています。

リフィルの違い

リフィルは同じメーカーでも字幅によって太さが違ったり、穴の大きさも違ったりします。
この差を使うことで、できることが増えたりもします。

使用する道具

以前はノコギリ、ヤスリ等で作成していましたが、今は下の画像のものを使用して作成しています。
先端のカッターを含めても 3千円 程度で買えて、「切る」・「削る」 が楽にできるのでおすすめです。

補助パーツの例

下の画像が実際に作成した補助パーツです。

加工の手間は割り箸と使い終わったリフィルで大きな差はありません。
しかし、使い終わったリフィルは見て分かる通り穴が空いています。
そのため、パーツの組み合わせによっては、ちょうど穴にハマって良い方に作用したり、逆に邪魔だったりするのでその時々で使い分けます。

G2規格 のリフィルを使用する際は注意” が必要です。

補助パーツ側の穴に G2規格 のリフィルの出っ張りがちょうどハマる場合があります。
その場合、必要な補助パーツの長さが変わってしまいます。


下の画像の矢印の箇所を「出っ張り」と言っています。

G2規格 の場合、後ろの出っ張りを考慮する

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました