万年筆

【レビュー】ライティブ(LIGHTIVE)パイロット|万年筆

紙とペンのブログ管理者
ライティブ-トップ

2021年12月にパイロットから発売された『LIGHTIVE(ライティブ)』万年筆。定価は 2,000円(+税)。新仕様のインナーキャップでペン先が乾燥しにくく、パイロットの大型コンバーター(CON-70)も使用可能。
思い切り使えるコストパフォーマンスがいい万年筆です。

この記事でわかること

■ ライティブを分解し調べた詳細な情報
■ カクノ(KAKUNO)との違い


この記事を書いた管理者
これまでに1,000円未満を除いて約100本の万年筆を購入してきました。その知識をもとに記事を記載しています。

ライティブ(LIGHTIVE)

ライティブ-トップ-2
Amazonのサイトに移動しますAmazonで探す >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で探す >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooショッピングで探す >

ライティブとは?

デザイン性と機能性を追求した気軽に使える大人の万年筆。

携帯性に優れた軽量ボディ
外に持ち出したくなるような軽やかなボディ。さまざまなシーンで気軽に使えるデザイン。

新仕様のインナーキャップにより、気密性を確保
インキの乾燥を防ぎ、すぐに書き出せる。どんなシーンでもすぐに筆記が可能です。
「ライティブ」とは、「LIGHT(軽い)」と「ACTIVE(活動的)」を組み合わせた造語です。
常に持ち歩いてほしいという願いを込めてつけられました。

公式サイト より引用

ライティブ(LIGHTIVE)の基本情報

ライティブ-キャップポスト
商品名ライティブ
(LIGHTIVE)
発売日2021年12月8日
価格(税抜)2,000円
インク補充の方式カートリッジ/
コンバーター両用式
カートリッジの規格メーカーオリジナル
重さ(※ 1)12.5g
キャップの形式嵌合式
ペン先特殊合金
字幅(太さ)F(細字)・M(中字)
付属品(※ 2)カートリッジインク 1本

※ 1: カートリッジ、コンバーターを含まず。カラーにより重さが 0.数g レベルで異なります。計測したカラーはアクティブイエロー。ちなみに 単四乾電池 1本が 約12g です
※ 2: 黒インクが 1本付属。コンバーターは別売り

ライティブのおすすめ理由

抜群のコストパフォーマンス

万年筆としては低価格帯。万年筆初心者の方でも購入しやすい価格で、コストパフォーマンスが抜群

新仕様のインナーキャップ搭載

”万年筆は乾く” という点を心配する人は多いはず。新仕様インナーキャップで ペン先の乾燥という不安から開放(※) される

※ : 乾燥しにくいです。”たま~~~に使いたい” という方でも 1本持っていると重宝します。
ペン先が乾燥した場合、”買い替” もしくは ”洗浄” です。洗浄の場合、クリーニングセットが 800円(+税)と洗浄作業の時間も必要です。ライティブは ”時間” と”お金” 2つの浪費の不安を減らすことができます。

大型コンバーター(CON-70)が使用可

パイロットの大型コンバーター CON-70が使用可能。お気に入りのインクで大量の文字を書くことができる

ライティブの機能的特徴

ライティブの特徴の詳細です。

新仕様インナーキャップ

キャップは嵌合式(かんごうしき)。「パチン」と締めるタイプです。
”新仕様インナーキャップ” で高い気密性を実現し、万年筆の弱点であるペン先の ”乾燥” から守ってくれます。

下の画像はキャップの内側を上から撮影したもの。
画像の一番奥にある白い(半透明)箇所がインナーキャップです。

ライティブ-インナーキャップ

分解しました

キャップをしめる時、独特の感覚があります(”ヌッ” と入り込む感じ)。
分解したところバネが内蔵されていました。インナーキャップが空気の侵入を防ぎ、ペン先を乾燥から守ってくれます。

どのくらい乾燥しないか実験しました。
実験結果 をご覧ください(このページ内のリンクです)。

下の画像がインナーキャップとバネ。

ライティブ-インナーキャップ-中身

大型コンバーターCON-70が使用可

コンバーターは付属していないので別で購入する必要がありますが、CON-70 が使える ところが嬉しいです。
パイロットで大きい方のコンバーター。約 1.1ml(※注)のインク吸入が可能。カートリッジ(約 0.9ml)よりも多いです。

下の画像がCON-70。

パイロット-コンバーター-CON-70

CON-40 も使えます。インク吸入量は約 0.6ml(※注)(公式では 0.4ml)。

※注:コンバーターを外した状態でシリンジで水を注入して計測しています。実際にインクボトルから吸入する場合はこの数値より少ないです。

気になるところ

この記事は長いので ”気になるところ” から。個人的には下記が気になります。
> 詳細情報は こちら
(ページ内のリンクです)

気になるところ

■ キャップポストするとほんの少しだけ高重心(※ 1)
■ インナーキャップの性能が未知数(※ 2)
→ 十分すぎる性能でした。環境にもよりますが 1年間では乾燥しませんでした
■ カートリッジでの使用だと軽すぎる(※ 3)
■ ”30~40代をメインターゲット” に少し違和感(※ 4)

※ 1 :「バランス」に記載の通り、クリップが金属パーツのため高重心になります。万年筆は他の筆記具と比較して、寝かせ気味で書くのが通常です。ただ、軽いので ”高重心すぎて使いにくい” というレベルでは ありません
※ 2 :これはしばらく使ってみないとなんとも言えないです。ですが、世界のパイロットです。きっと素晴らしい性能のはずです。
こちらは実験しました(1本 使わずに保管しました)。
1年間は 乾燥(ドライアップ)しませんでした
厳密には 1ヶ月に1度 1、2ミリ筆記して書けるかチェックしました。

下の画像が 1年間 保管した際のカートリッジ。3分の1 も残っていませんが筆記可能でした。
保管環境にもよるのですが特殊な環境でない限り(日本国内であれば)、そこまで差は出ないのではないでしょうか。

ライティブ-1年置いた物

これだけ十分すぎるほど乾燥に強いのであれば、顔料インクも気にせず使えそうです。

ライティブプレスリリースは こちら

※ 3 : 少し ”軽すぎるのでは?” というのが正直な印象です。ですが、商品名が『「LIGHT(軽い)」と「ACTIVE(活動的)」を組み合わせた造語』がコンセプトなので…というところです。CON-70を使ってほど良い重さになる印象です。
※ 4 :プレスリリースにあるのですが ”30~40代をメインターゲット” に少し違和感 を感じます。これは、個人的な思い(理想)になってしまうかもしれませんが、30~40代であればもう少し上のランクの万年筆(筆記具)を使いたい(使って欲しい)と思います。
コクーン(COCOON)が ”20~30代の感性をダイレクトに刺激する” とあったので引っかかるのかも知れません。

コクーン(COCOON)の公式サイト

スペック詳細

詳細情報です。

サイズ(長さ・太さ)・重さ

ライティブ-サイズ

中央の値(赤い文字)がライティブの値です。

計測箇所サイズ
(ライティブ)
サイズ
(カクノ)
全長142mm132mm
キャップをはずした長さ128mm129mm
キャップポストした時の
長さ
162mm160mm
キャップのみの長さ58mm57mm
胴軸最大径12.4mm12.4mm
キャップ最大径(※ 1)13.5mm14.0mm

※ 1:クリップは除く

計量パーツ重量
(ライティブ)
重量
(カクノ)
全体(※ 2)12.5g11.2g
軸部のみ6.8g7.5g
キャップのみ5.7g3.7g

※ 2:カートリッジ、コンバーターを含まず。カラーによって 0.数g レベルで差があります。測定したのはアクティブイエロー。ちなみに 単四乾電池 1本が 約12g です

造り(素材・外観の特徴)

ほぼ樹脂製で非常に軽いです。外観の素材として、胴軸、首軸、そして、キャップは樹脂、クリップ部のみ金属です。

ライティブ-トップ-2

両先端にある黒いパーツがアクセントになって引き締まって見えます。

ライティブ-キャップ-2
ライティブ-尻軸

形状

形状はほぼストレートの形状。グリップ形状は カクノとは異なり三角形ではなく通常の形状(丸軸)です。

ライティブ-キャップポスト

クリップ

しっかりした造りです。金属製マット仕上げで落ち着きがあります。横方向にグラつくといったこともありません。

ライティブ-クリップ

カラー展開

下記のカラー展開です。

  • アクティブイエロー(メインで掲載の色)
  • アクティブネイビー
  • アクティブレッド
  • マットブラック
  • アクティブホワイト
  • ノンカラー(クリア)

”マットブラック” のみマットな質感で手触りがしっとりしています。

ペン先

ペン先(ニブ)は特殊合金製。首軸は黒の半透明。字幅は F(細字)、M(中字)の 2種類 です。
上位機種とも同じ、ペン先です。左が プレラ 色彩逢い、右が ライティブ。ニブのサイズ・形状は同じです。

ライティブとプレラ-ペン先

書き味

書き味はパイロットの 安定の書き味 です。
パイロットの万年筆は日本三大メーカーの中で一番インクフローが良いです。クセのない、万人受けする書き味。ライティブは若干硬めの書き味です(カクノ、コクーン、プレラ等 とペン先が同じ)。
F(細字)はカリカリ感はありますが、紙を ”引っかく” 感じはありません。M(中字)はかなりなめらか。下手な金ペンよりなめらかかもしれません。

書き味は”好み”の要素が大きい

書き味に関しては人により感じ方、好みが異なります。とにかくなめらかなものが好きな人、ある程度引っかかりがある人ものが好きな人 と様々です。
個人的に、パイロットは ”サラサラ”、セーラー万年筆は ”サリサリ”、プラチナ万年筆は ”シャリシャリ” というたとえがしっくりきます。
ただ、個人的な感想ということをご承知おきください。

字幅サンプル(字幅の太さ)

字幅のサンプル画像です。

ライティブ-筆記サンプル

万年筆は個体差、筆圧の違いで字幅が異なりますので参考程度でお願いいたします。
紙はマルマン ニーモシネ方眼(5mm)、ライティブのインクは パイロット ブルーブラック です。比較のためにジェットストリーム、アクロインキ ボールペンも並べました。

バランス

キャップポストするとクリップが金属製のため、ほんの少しだけ高重心になります。

ライティブ-キャップポスト
ライティブ-キャップポストなし

カクノ(KAKUNO)との比較

”サイズ”・”重量”(※)、”形状” は当然ですが異なります。
機能面で大きな違いは下記表の通りです。中央(赤い文字)がライティブのものです。
※ : 具体的なサイズ・重さ等の数値は上で記載の「スペック」参照

ライティブカクノ
クリップの
あり/なし
ありなし
キャップの
空気穴
空気穴なし
(新仕様インナーキャップ)
空気穴あり

外観の比較

外観の大きな違いといえばクリップの有無。インナーキャップの仕組みも異なります。

ライティブとカクノ

上がカクノ、下がライティブ。クリップはありがたいです。

ライティブとカクノ-キャップ

ペン先はニブは刻印が異なるものの形状は同じ。
左がカクノ、右がライティブです。

ライティブとカクノ-ペン先

ペン芯。
こちらも左がカクノ、右がライティブ。ペン芯も同じもの。

ライティブとカクノ-ペン先(裏側)

※ : ライティブは赤インクで使用中なので色が付いています

まとめ

ライティブ(万年筆|パイロット)のレビューを行ってきました。
最後に特徴をまとめます。

  • コスパが良く、思い切り使える
  • ペン先の乾燥の不安から解放してくれる
  • 好きなインクでたくさんの文字が筆記できる
  • はじめての万年筆にも使いやすい


カクノ も素晴らしい万年筆ですが、デザイン的に ちょっと… というところがあります。ライティブ のデザインであれば大人でも使えると思う方も多いはずです。
嵌合式のキャップなのでネジ式よりも さっと筆記できます。気を使わずに思い切り使う(ガシガシ使う)万年筆にピッタリです。

ライティブ(LIGHTIVE)

ライティブ-トップ-2
Amazonのサイトに移動しますAmazonで探す >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で探す >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooショッピングで探す >
関連記事
すべてブログ内のリンクです。

パイロット万年筆の洗浄キットの作り方です。
> パイロット万年筆 洗浄キットの作り方

【もっと気軽に万年筆を楽しみたい】方向けです。
少し価格がアップしますがノック式万年筆 パイロット キャップレス と プラチナ万年筆 キュリダス の比較(レビュー)記事です。
> 徹底比較|キャップレスとキュリダスどっちがおすすめ?

【価格別】おすすめ 万年筆 の記事です。
価格毎に30本以上のおすすめ万年筆を掲載しています。
> 価格別 おすすめ 万年筆一覧

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました