万年筆メンテナンス

パイロット キャップレス の洗い方

さのB(さのびー)

パイロット万年筆キャップレスの 洗い方(洗浄方法)です。

読んでいただきたい方

■ パイロット キャップレスの洗浄方法がわからないという方

万年筆は定期的なメンテナス、インク交換等で洗浄が必要となることがあります。
通常の万年筆と作りが異なるキャップレス。

どうすればいいんだろう?” と以前 私自身が思ったので記事にしました。

この記事でわかること

■ パイロット キャップレスの洗い方(洗浄方法)
■ 注意する点

洗浄に必要なもの

1 水を入れる容器(コップ、カップ等)

2 洗浄キット(パイロット用 洗浄用スポイト)
※ ない場合、面倒ですがコンバーター


下の画像は 2 の洗浄キット(パイロット用 洗浄用スポイト)です。

何年も前に入手したので、どのように入手したが覚えていませんが、市販されてはいないです。
おそらく 万年筆を購入した際にもらったはず?…です(1万円以上の万年筆購入でもらえるようです)。
2022年3月 ついにパイロットの洗浄キットが発売されました
洗浄キットには 汚れがひどい時に使用する洗浄液も入っています。

Amazonのサイトに移動しますAmazonで探す >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で探す >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooショッピングで探す >

もし、お持ちでない方は洗浄キットの作成方法も記載していますのでご覧ください。
作成方法は こちら(ブログ内のリンクです)。
300円から400円程度で作成できます。

洗い方

それでは洗浄方法です。

手順 1

  • キャップレスを分解する

  • 手順 2

  • ペン先に洗浄キットをセットする

  • 手順 3

  • 水を入れた容器にペン先を浸し、水を出し入れする(※)。
    その後、ペン先をしばらく水に浸しておく(1昼夜程度)。
    ※ 水が透明になるまで水を交換し、繰り返す。洗浄キットがない場合、洗浄キットを作成するかコンバーターで対応になります
  • 洗浄キットの作成方法は こちら(ブログ内のリンクです)。


    手順 4

  • ペン先を拭き取り、乾かす(※)
    ※ 完全に乾かしてからふたたび使うのがベストだとは思いますが、私はティッシュ等で水気を切ったらすぐに使ってしまいます

  • 注意

    メーカー公式では「ヘッド・軸は洗浄しないでください」と記載されています。

    下の画像が「ヘッド」と記載しているものです。

    ヘッドを洗浄することをメーカーでは推奨していません。
    しかし、キャップレスはシャッター機構にべったりインクが付きます。

    洗わずにインクを変更して ”シャッター部でインクが混ざり合うのってどうなんだろう…” と思い、私は洗浄しています。

    注意

    繰り返しになりますがヘッドの洗浄はメーカー非推奨です。
    実施する場合は自己責任でお願いいたします。


    ヘッドの洗浄方法です。

    手順 5

  • ペン先に空のカートリッジをセットする

  • 手順 6

  • ヘッドにペン先を挿入し、水を流しながらペン先から出てくる水が透明になるまで繰り返す

  • 手順 7

  • ヘッドをよく拭き、乾かす
  • ヘッドを しっかり 乾かしてください。

    ※ 私は布団乾燥機のホースの先にビニール袋をセットして乾かしています

    注意

    ヘッドの水へのつけ置きはNGです。
    サビが発生することがあります(※)。

    ※ : 以前、水へつけ置きを行い、赤錆(アカサビ)が発生しました

    以上です。

    まとめ

    以上が キャップレスの洗い方 でした。
    この洗浄方法で数年使用していますが問題は発生していません。

    ただし、繰り返しになりますが…

    注意

    ヘッドの洗浄はメーカー推奨ではありません。
    自己責任でお願いいたします。

    関連記事
    キャップなし万年筆ではなく一般的な ”キャップあり万年筆” の洗い方(洗浄方法)の記事です。
    > 万年筆の洗い方(洗浄方法)
    (ブログ内のリンクです)

    参考になったよ!という方は上の「いいね」ボタンをクリックしてただけると嬉しいです(+1されます)。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。 また遊びに来てください!

    記事URLをコピーしました