キーワードで絞り込む

タグで絞り込む

4C規格(D型) 73Labo 3952ボンアルテック[bon-artek-writing] 4631 woodturning AL-star ローラーボール DRAGONWOOD G2規格 LAMY2000 Rei工房 Safari ローラーボール Steef&Co. Woodpen Craft お助けグッズ こぶた工房 その他 文房具 その他 筆記具 ぺんてる アウロラ[AURORA] アクロインキ アズバイン[Asvine] アンケート アンドリーベ[&Liebe] イベント情報 インク ウォーターマン[WATAERMAN] エスターブルック[Esterbrook] オロビアンコ[OROBIANCO] カスタマイズ カランダッシュ[CARAN-D'ACHE] カヴェコ[Kaweco] ガラスペン クリスエール[chriselle] クロス[CROSS] システム手帳 シャープペン ジェットストリーム セーラー万年筆[SAILOR] ゼブラ[ZEBRA] ツイスビー[TWSBI] デルタ[DELTA] トンボ鉛筆 ノート パイロット[PILOT] パーカー[PERKAR] ファーバーカステル[Faber-Castell] プラチナ万年筆[PLATINUM] ペリカン[Pelikan] ペンケース ボック[BOCK] ボールペン ボールペンカスタマイズ マルマン[maruman] モンブラン[MONT-BLANC] ヨボ[JOWO] ラミー[LAMY] リフィルアダプター レオナルド[Leonardo] ワンチャー[Wancher] 万年筆 万年筆カスタマイズ 価格別 加工が不要 富士瘤 Craft 寺西化学工業 屋久杉工房 京 工房 TAISHI 工房 楔 木軸ペン 木軸ペン工房 金杢犀 無印良品 特殊ニブ 知識系 野原工芸

カスタマイズ

iungo・シュナイダーリフィルが使えるようになります(バネが原因の場合)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2021.06.30

バネが原因で使えない場合の iungo・シュナイダーパーカータイプ(G2規格)ゲルインク が使えるようになる方法です。

この記事でわかること

■ iungo・シュナイダーゲルインクが使えるようになる方法
※ バネが胴軸から外れる軸限定

油性ボールペンよりもなめらかに筆記できるゲルインク。G2規格ということで発売されていますが「使えない軸もある」とインターネットで書き込まれていたりもします。

バネが原因で使えない場合限定ですが、使えるようになった方法です。

iungo・シュナイダーゲルインクリフィル

油性インクよりなめらかに筆記できるiungoとシュナイダーのゲルインクです(※)。
私も購入し、試したところ、使えるもの、使えないものがありました。

※:ゲルインクは油性インクより筆記距離が短いので ”コスパ” という意味では悪いかもしれませんが、なめらかさは魅力的です

使えない原因

私の場合、リフィルと一緒にセットするバネにリフィルがセットできないことが原因でした。ですのでバネが同軸から外せるものでなければこの方法は使えません。

バネが途中で止まります。

バネを変更する

バネがはまらないのであればバネを変えればいいわけなので、インターネット、ホームセンター、東急ハンズ等でいろいろ探しました。

そして、いろいろ購入し試しても、バネの力が強すぎたり、逆に弱すぎたり、長すぎたり、短すぎたり…。

結局、バネ単体で購入することができず、何かにセットされているものを探すとようやく、ちょうどいいものを見つけることができました。

理想のバネ

それがこちらです。このバネを使えば私は使用できました。

左が元々ボールペンで使用されていたバネ。右側が見つけたバネです。

VERY楽ノック

三菱鉛筆から発売されている「VERY楽ノック」で使用されているバネです。

実際に装着したところ

まとめ

バネが原因で使えなかったiungo・シュナイダーパーカータイプ(G2規格)ゲルインク が三菱鉛筆「VERY楽ノック」のバネで使えるようになりました。

注意点

他社メーカーのリフィルを使用することは メーカー推奨の使い方ではありませんので自己責任でお願いいたします。
また、リフィル製品の仕様変更等でこれまで記載の方法で再現出来ない可能性もあり得ますのでご注意ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「参考になった!」をクリックいただけると嬉しいです(+1されます)。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました