カスタマイズ

リフィルアダプターの作り方(4C規格→モンブラン用)

さのB(さのびー)


この記事は

  • このインク良いんだけど、モンブランのボールペンで使えないかな…
  • モンブランかっこいいんだけど、リフィルに1,000円は精神的にダメージあるんだよなぁ…

と思った際に使用する ”リフィルアダプター” の作り方です。

具体的にいうと「モンブランで ジェットストリーム を使いたい」と思った時に使用するものです。

動作確認はスターウォーカー ボールペンでのみ です。
(他のボールペンでも使えるはずですが未確認です)

この記事では作り方を紹介していますが、すでに商品化されています。

購入する方が良いという方はチェックしてみてください。

この記事でわかること

■ 4C規格 を モンブラン用 にするリフィルアダプターの作り方

「4C規格」は俗称で本来JIS規格では「D型」という規格です。
ZEBRAの品名「4C-0.4芯」、「4C-0.5芯」… の「4C」が元となっています。
ZEBRAは他社より芯径が少し太いので注意してください。

この記事は「4C規格」 を 「モンブラン用」 にするためのリフィルアダプターの作成手順となります。

  • ※:4C規格 に関しては下記の記事をご覧ください。
    >リフィルの規格(種類)
    (ブログ内のリンクです)
  • こちらもおすすめ
    ボールペンのカスタマイズ記事が他にも多数ありますのでこちらもご覧ください。
    >カスタマイズ記事一覧
    (ブログ内のリンクです)

    リフィルアダプターの作り方 (4C規格→モンブラン用)

    作り方

    それでは作り方です。

    用意するもの

    まず用意するもの(材料と工具)です。

    材料

    材料 1

  • 後方キャップ(詳細は 下記の記事をご覧ください)
  • >お世話になっているパーツ
    (ブログ内のリンクです)

  • 材料 2

  • 竹串(直径 2.5mm 程度の加工が可能な棒状のもの)

  • 材料 3

  • ジェットストリーム 4C規格 リフィル(必須ではありません)

  • 材料 4

  • 三菱鉛筆 UMR-83 リフィル
  • UMR-83E ではダメです(内径が違います)

    工具

    工具 1

  • リフィル筒、串を切るもの(私が使っているの下記の記事をご覧ください)
  • >ホビールーター
    (ブログ内のリンクです)

  • 工具 2

  • ペンチ
  • 作成手順

    作成手順です。


    手順 1

  • 三菱鉛筆 UMR-83 リフィル のペン先をペンチで挟んで樹脂筒から外す

  • 手順 2

  • 手順 1 で用意した樹脂筒をよく洗う
    ※ 若干のインク残とインク漏れ防止のためのベタベタしたもの(逆流防止体)が塗布してありますので、台所用洗剤等でキレイに洗います。

  • 手順 3

  • 竹串をカットする
  • おすすめの長さは 27mm。好みで調節してください


    手順 4

  • UMR-83 リフィル筒 をカットする
  • おすすめの長さは 68mm
    大きい穴の方からの長さです。


    手順 5

  • ジェットストリームリフィルから樹脂の透明な筒を外す

  • 手順 6

  • 各パーツをセットする
  • 画像サンプル

    下の画像は左側がリフィルをキレイに洗浄し、ペン先を外した状態です。


    下の画像は 材料 1 のリフィル筒をカットしたものです。

    私がいろいろなものをカットする際に使っている工具は下記の記事をご覧ください。

  • >ホビールーター
    (ブログ内のリンクです)。

  • 下の画像はジェットストリームを袋から出した状態です。


    下の画像は 材料 3 の画像。欲しいのはこれです!
    ただ、これは必ず必要ではありません。マスキングテープ等で代用可能です。


    注意点として 手順 1 で用意したリフィルの筒は 前後を逆(手前が穴径が小さくなるようにする)にしてください。画像では右側が元々ペン先だった方です。


    下の画像はセットした状態のものです。
    ビックリするくらい後方キャップがぴったりハマります。
    ジェットストリームの透明な筒は少し中に入り込んだりしますが 4Cリフィル が横に動かなければいいのであまり気にしなくて問題ありません。

    ジェットストリームの透明な筒がない場合、4Cリフィルにマスキングテープ等を巻いて樹脂筒とある程度固定できれば問題ありません。


    下の画像は並べたところです。

    以上です。

    まとめ

    モンブランのリフィルは 1,000円 するので購入時の精神的なダメージが結構ありますよね。

    筆記距離を厳密に比較していないので実は 4C規格 リフィルの方が実は割高(?)の可能性もあり得ますが…。


    私は ジェットストリーム より パイロット アクロインキ の方が好きなので アクロインキは 4C規格 100円 なのでおそらくモンブランよりは安いと信じています(ジェットストリーム は 200円)。

    チェックポイント

    ■ 工具があれば 300円程度 で作ることができる


    完成度はかなり高いものですが…

    注意点

    メーカー推奨の使い方ではないので使用する際は自己責任でお願いいたします。
    また、リフィル製品の仕様変更等でこれまで記載の方法で再現出来ない可能性もあり得ますのでご注意ください。

    こちらもおすすめ
    ボールペンのカスタマイズ記事が他にも多数ありますのでこちらもご覧ください。
    >カスタマイズ記事一覧
    (ブログ内のリンクです)

    参考になったよ!という方は上の「いいね」ボタンをクリックしてただけると嬉しいです(+1されます)。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。 また遊びに来てください!

    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました