木軸ペン

【木軸】キングウッド ルーチェペン(工房 楔|木軸ボールペン)

紙とペンのブログ管理者

工房 楔 ルーチェペン キングウッド をお迎えしました。
インターネットで購入しました。

杢を撮影した動画です。

人気でなかなか購入できなかったため、期待値が高すぎたのか、少し気になるところがありました。
個人的な感想なのですべての方が同じように思うかはわかりません。

この記事でわかること

■ 工房 楔 ルーチェペン キングウッド の特徴・スペック

工房 楔 ルーチェペン

工房 楔 とは?

木と交わす契り

木に新たな生命を吹き込み
人が木の魅力と温もりを感じて共に生きていく
そんな懸け橋をすることを
木と契りを交わし
皆様に使っていただける家具や小物などを作り活動しています

公式サイトより引用。公式サイトは こちら

作り

軸はキングウッド。
ボールペンのリフィルは G2規格。
いわゆる ”パーカータイプ” です。

カッコいい杢目です。
思い切り使いたいと思っていたので、硬めの樹種のキングウッドを選択しました。

筆記の際、クリップが邪魔にならないようにとクリップが短いです

別角度から。

丸みのあるクリップとノックボタン、癒やされます。

若干、ペン先と口金に隙間があり、筆記音(カチカチ音)がします。
ペン先よりも別のところの音が…(のちほど詳細を記載)。

クリップの反対側です。

芯を交換する際は口金を外して交換します。

気になったところ

ペン先と口金の隙間はよくある話です。
しかし、ルーチェペンは筆記の際、ノックボタンと軸の隙間から接触音がします。

隙間は下の画像の矢印のところです。

ノックしていない状態ですと接触音はしません。

ノックするとノックボタンをロックしている何かが内部で移動していると思われます(ノックボタンのロックが解除されたような状態になる?)。

そのため、ノックボタンが横に動くようになり、カチカチ音がするようです。
内部機構は見えないので内部の動きは推測です

今までノックボタン隙間から音がするというペンに遭遇したことがなかったので気になりました。
筆記の際も少しこの音がするようです。

※ : 音の原因がわかって(おそらく)いろいろ試すも解決には至っていません。無理かな…。

サイズ・重さ

木軸筆記具は同じものはないので参考値です。

長さ(※ 1)138mm
最大径(※ 2)13.1mm
重さ26.1g

※ 1 : 芯を出していない状態
※ 2 : クリップ含まず

まとめ

私の期待値が高すぎたのか少し残念に感じました。
杢目、軸の形状は好きなのですが音が…。

口金の接触音は 4C規格(リフィルアダプター)+マステ で解消できます(そのまま G2規格 が使えるのが一番いいのですが…)。
しかし、ノックボタンの音の解消は難しそうですね。

気にしなければ良いのか…。

筆記音を気にする方は厳しいかもしれません。
ということで、好みが分かれるボールペンだと感じました。

こちらもおすすめ
おすすめのG2規格のボールペン一覧です。
> G2規格 ボールペン一覧
(ブログ内のリンクです)
関連記事
どちらもブログ内のリンクです。

ルーチェペンでアクロインキを使用するカスタマイズ記事です。
「加工なし」、「工具なし」で使用できるのでおすすめです。
> ルーチェペンをアクロインキにカスタマイズ

木軸筆記具のブランド(メーカー・工房)のまとめ記事です。
> まとめ|木軸筆記具ブランド(メーカー・工房)

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました