【レビュー】カスタムヘリテイジ91(万年筆|パイロット)はじめての金ペンにおすすめ

パイロット(PILOT)カスタムヘリテイジ91 万年筆、カラーは ブラック です。

パイロット カスタムヘリテイジ91 がおすすめの理由

癖のない使いやすい万年筆
硬めのペン先で癖がない。
小さめ(5号)で硬めのペン先のため、普段はボールペンを使用する方でも扱いやすい書き味です。
日本メーカーの中で一番なめらかで癖のない書き味(※)です。

※ : パイロットはインクフローが良く、サラサラ書ける印象です。

日本製の高い品質
1万円少しで金ペンオーナーに。
海外製万年筆の金ペンですと 最低でも3万円程度必要ですが、日本製であれば 1万円程度で購入することが可能です。
品質は世界トップクラス。万が一故障しても海外製と違い、1ヶ月程度で修理してもらえることがほとんどです(海外製ですと数ヶ月、半年かかることも…)。
金属部がシルバーでクールな印象
もともとのパイロットのフラッグシップモデル「カスタム」は ブラック × ゴールド が基本ですが、カスタムヘリテイジ は シルバー基調。
ゴールド よりもクールな印象です。若い方も抵抗なく手にすることができるはず。

基本情報

商品名カスタムヘリテイジ91
価格(税抜)12,000円
インク補充の方式カートリッジ/
コンバーター両用式
カートリッジの規格メーカーオリジナル
重さ(※ 1)17.1g
ペン先14金 5号
ロジウム仕上げ
字幅EF(極細字)
F(細字)
SF(ソフト細字)
FM(中細字)
SFM(ソフト中細字)
M(中字)
SM(ソフト中字)
B(太字)
BB(極太字)

※ 1 : カートリッジ、コンバーター含まず

はじめての金ペンにおすすめ

はじめての金ペンにおすすめできる万年筆です。
癖がなく、硬めのペン先で非常に書きやすいです。
金ペンの中ではおてごろ価格ではありますが、ずっと使い続けることができる 1本です。

この記事でわかること

■ パイロット カスタムヘリテイジ91 の特徴・スペック

パイロット カスタムヘリテイジ91 万年筆を見ていきましょう。

パイロット カスタムヘリテイジ91 万年筆

特徴

金ペンではエントリークラス

日本三大万年筆メーカーの一角、パイロットの万年筆。
金ペン万年筆としては小型、エントリーモデルとなりますが、ずっと使っていける 1本です。
硬め、小型のペン先で扱いやすいく、普段はボールペンを使っている方でも書きやすいです。

カートリッジ/コンバーター両用式です。
カートリッジはメーカーオリジナル規格。

こちらはコンバーター。

大型コンバーターCON-70が使えます。
プッシュ式でインクを吸入するというめずらしい造り。
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、個人的には好きです。

形状

形状はほぼストレートですがペン先から中心部へ太くなり中心部付近が一番太いです。

ペン先

ペン先には メーカー名、14金の印、字幅 が刻印されています。

サイズ・重さ

計測箇所サイズ
全長137mm
キャップをはずした長さ 123mm
キャップのみの長さ 64mm
胴軸最大径 12.2mm
キャップ最大径(クリップは除く) 14.6mm
計量パーツ重量
全体17.1g
軸部のみ9.0g
キャップのみ8.1g

サイズ比較

少し前に発売された「ライティブ(LIGHTIVE)」とサイズ比較です。
カスタムヘリテイジ91 の方が少しだけ短いです。

造り

レジン

光沢仕上げのレジンです。

クリップ

クリップはシャープな印象のクリップ。

挟む際に生地を痛めないよう、丸く加工されています。

キャップ

キャップはネジ式です。
キャップを外す際は約 1.75回転と少し多めの回転での着脱です。

バランス

キャップポストする方が安定する

軽く、比較的コンパクトな万年筆なのでキャップポストした方が安定する印象です。

重心

重心位置の2画像です。
まず、キャップポストした場合の重心はキャップとの境目付近です。

キャップポストしない場合、真ん中より気持ち前付近。

字幅・書き味

字幅

掲載の字幅は細字(F字)。
カスタムヘリテイジ91 は下記 9種類の字幅から選択可能です。

  • EF(極細字)
  • F(細字)
  • SF(ソフト細字)
  • FM(中細字)
  • SFM(ソフト中細字)
  • M(中字)
  • SM(ソフト中字)
  • B(太字)
  • BB(極太字)

字幅のサンプルはパイロット公式サイトを参照ください。
公式サイトは こちら

パイロットはなめらかな書き味ですが、極細字(EF字)ですと少しカリカリ感があります。
細字(F字)よりも太い字幅の方が万年筆らしさは堪能できるかなと個人的には感じます。

書き味

ペン先はしならせることができますが、パイロットの中では小さめのニブ(5号)で硬めです。
ソフト調も選択可能ですので柔らかめが良い方は選択肢としておもしろいかもしれません。
書き味は日本三大メーカーの中では一番なめらかと感じます。

気になるところ

個人的には下記の点が気になります。

気になるところ

■ 軸にキズが付きやすい(※ 1)
■ 特殊ニブが選択できない(※ 2)
■ インクフローが良いためにじむことがある(※ 3)
■ 優等生すぎる(※ 4)

※ 1:光沢仕上げなのでキズがつきやすいです。それも味ですが、気になる方は気になるかも…。
※ 2:カスタム74では選択可能な「C(コース)」、「MS(ミュージック)」特殊ニブが選択できません。仕方ないのか…。
※ 3:カスタムヘリテイジに限った話ではありませんが、インクフローが良いために紙質・インクによってはにじんでしまうことがあります。
※ 4:道具としては申し分ないものですが、癖がなさすぎておもしろ味にかけてしまうかもしれません。個人的にはそのように感じています。”万人受けする万年筆” という印象です。

まとめ

パイロット カスタムヘリテイジ91 万年筆 の紹介でした。

金ペンではエントリークラスの万年筆。
インターネットであれば 1万円以内で購入できると思います。

癖のない書き味、シンプルなデザインで誰にでも手にしやすい 1本です。
比較的コンパクトでペンケースに入れて持ち運びやすく、家以外でも気軽に使うことができます。

楽しい万年筆ライフを演出してくれるおすすめの 1本です。

参考になったよ!と思った方は下の「いいね」ボタンをクリックしていただけると嬉しいです!(+1 されます)

フォローしていただけたら嬉しいです。