木軸ペン

【木軸】ローズウッド 瘤杢 シャープペンシル(工房「智」|木軸シャープペン)その2

紙とペンのブログ管理者

工房 「智」ローズウッド 瘤杢(ホンジュラス ローズウッド) シャープペン をお迎えしました。
こちらの工房でローズウッドを2本購入中し、 2本目の記事です。

Creema で購入しました。
今、流行りの太め軸のシャープペンです。

杢を撮影した動画です。

関連記事
工房「智」ローズウッド 瘤杢 シャープペン 1本目の記事です。
> ローズウッド 瘤杢 シャープペンシル その1
(ブログ内のリンクです)

様々な杢が絡み合う

1本目と比較して薄めの色なのでいろいろな杢が見え隠れします。
画像では伝えられませんが、回すとホログラムのような箇所もありキレイです。
曲線が複雑に絡み合い、クルクルとペンを回して時間を忘れて眺めてしまいます。

他の工房で悲しい思い

以前、他の工房でこのシャープペンより高い価格でローズウッド瘤杢を購入しました。
加工精度が低くて悲しい思いをしました。
節、カケ、割れに関しては仕方ないのも理解しているつもりです。
しかし、画像が小さく、かつ、掲載されている枚数が少なくて気づけませんでした。

今回は画像も多く、よく確認してから購入ました。

この記事でわかること

■ 工房「智」ローズウッド 瘤杢 シャープペンシル のすばらしさ

工房「智」ローズウッド 瘤杢 シャープペンシル

工房「智」とは?

銘木端材の収集が高じてペン作りを始めました。
まだまだ素人ですが、一つひとつ丁寧な作品作りに心掛けたいと思っています。
また、作品作りを通じて色々な方からご指導をいただきながら交流の場を楽しみたいと思っています。

Creemaプロフィールより引用。Creemaは こちら

造り

シャープペンの芯径は 0.5mm です。1本目と比較して薄い色のローズウッド。
表面はなめらか、とても美しい曲線です木ではないのでは?と思うほどなめらかです。
ローズウッドの高い密度も関係しているかもしれません。

素材

外観として、軸はもちろんローズウッド。
口金部とクリップ、ノック部、芯タンク、軸の内部の筒が金属製です。

様々な角度から。

クリップ

10Kメッキ仕上げ、硬めのクリップ。
もう少し柔らかくてもいいかなと思います。
個人的にはシルバーの方が好きです。
しかし、「使い込んでくすんだらカッコいいかも?」と少し期待しています。

すでに記載しましたが、表面が非常になめらかです。
技術が素晴らしいのだと思います。木、特有のへこみも見当たりません。

ペン先

ペン先は固定式。
芯タンクからペン先までを口金のネジで固定するタイプです。

筆記の際、グラつくことはなく、気持ちよく筆記できます。

シャープペン機構

ノックした際の芯が出る長さは 10回 のノックで 約8mm です。
半分くらいの方が調節が効くので良いなと思います。

サイズ・重さ

木軸筆記具は同じものはないので参考値です。

長さ140mm
最大径(※)13.2mm
重さ25.5g

※ : クリップは含まず

まとめ

流行りの太めで流線型の形状。ローズウッド 瘤杢 は希少な樹種ですが、他の工房と比較して安い印象です。そして、非常に優れた加工技術。

綺麗なものをお迎えできて運が良かったです。

ローズウッドはないかもしれませんが、他の樹種であれば、Creemaで購入できます。
購入は こちら(Creemaのリンクです)。

minneでも購入できます。
別の商品が出品されているので両方チェックする方が良いと思います。
購入は こちら(minneのリンクです)。

関連記事
木軸筆記具のメーカー・工房のまとめ記事です。
> まとめ|木軸筆記具メーカー・工房
(ブログ内のリンクです)

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました