木軸ペン

【木軸】花梨瘤 シャープペンシル(4631 woodturning|木軸シャープペン)

紙とペンのブログ管理者

4631 woodturning 花梨瘤 シャープペンシル をお迎えしました。
公式サイトより購入しました。”注文制作” ということで購入。
注文後、7日から 10日で発送とありましたが、6日 で発送されました。

杢を撮影した動画です。

花梨の杢は深い…

曲線が複雑に絡み合い、ずっと眺めていたい杢。
白すぎず、茶色すぎず好きな色合いです。
他にも花梨瘤のシャープペンを何本か所有していますが、どれも複雑でおもしろいです。

加工技術が素晴らしく、なめらかな表面です。

この記事でわかること

■ 4631 woodturning 花梨瘤 シャープペンシル のすばらしさ

4631 woodturning 花梨瘤 シャープペンシル

4631 woodturning とは?

三重県いなべ市でウッドターニング(木工旋盤)による作品作りを行っています。
木の器、木製ボールペン、小物入れ、アクセサリーなどを作ってます。
また、工房にて作品の展示、販売も行っています。

公式サイトより引用 サイトは こちら

造り

花梨瘤 シャープペンシル。
私がお迎えした芯径は 0.5mm です。0.3mm も選択可です。

形状も選択可能

形状は下記の 5 タイプから選択可能です。

  • ストレート、軸径:9.3mm(±0.3mm)
  • ストレート、軸径:10.0mm(±0.3mm)
  • ストレート、軸径:11.2mm(±0.3mm)
  • 曲線、軸径:11.0mm(±0.3mm)
  • 曲線、軸径:12.0mm(±0.3mm)

私がお迎えしたのは一番下の「曲線 12mm」。

グリップ部付近が最も太く、なだらかな曲線を描いた形状です。

内側にはパイプが入っています。

先端部のシャープペン機構と口金が接する所、すべてが金属ではありません。
シャープペン機構の取り外しは頻繁にはしない方が良いかもしれません。

軸以外のパーツ

口金部とクリップ、ノック部は金属製。
芯タンクは樹脂製です。

芯タンクの素材は樹脂製。

ノックした際の芯が出る長さは 10回 のノックで 約5mm です。
おそらく、ぺんてる の STEIN(シュタイン)と同じもの。
私が所有しているものが装着できました。

綺麗な花梨瘤杢

様々な角度から。

クリップ

クラシカルで無駄のない印象のクリップ。
見た印象より硬めのクリップです。
軸に直接付けられているので動かさない方が良さそうです。

ペン先

ペン先は固定式。
筆記の際、グラつくことはなく、気持ちよく筆記できます。

重心

真ん中付近に重心があります。
重さが 16.5g。

人気の木軸シャープペンと比較すると軽めです。
軽めのため、取り回ししやすく、長時間の筆記でも疲れにくいです。

サイズ・重さ

木軸筆記具は同じものはないので参考値です。

長さ142mm
最大径(※)12.0mm
重さ16.5g

※ : クリップは含まず

まとめ

昨今の木軸人気のため(?)、公式サイトを見てもシャープペンは常に売り切れ状態です。
こまめにチェックすれば運が良ければ購入できるかもしれません(私がそうでした)。

エイジングが楽しみ!

個人的には好きな形状、好きな色味。

“育てていきたい” と思った素敵なシンプル木軸シャープペンです。
この価格(本体 3,500円+送料 200円でした)でお迎えできるなんてラッキーです!

余計なお世話ですが…
他の工房と比較して安めの価格設定です。
他の工房が困ってしまうのでは?と気になってしまいます。

1本ずつ現物の写真が掲載されているわけではないので、管理が楽だから少し安くできるのでしょうかね。


4631 woodturning 公式サイトは こちら(公式サイトのリンクです)

関連記事
木軸筆記具のメーカー・工房のまとめ記事です。
> まとめ|木軸筆記具メーカー・工房
(ブログ内のリンクです)

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(1,000円未満の商品を除く)、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入し、毎日いろいろ試して楽しんでいます。これまでに日本の平均年収くらいは筆記具にお金を注ぎ込んでいます……。

記事URLをコピーしました