万年筆

【レビュー】無印良品 アルミ丸軸万年筆(無印良品|万年筆)

紙とペンのブログ管理者
このブログには広告リンクが含まれています。

記事公開日:2022.09.04

注意点

2023.01 価格改定がされました

無印良品 アルミ丸軸万年筆です。
販売価格 1,590円(税込みの価格設定)。2023年1月に値上げをしましたが 1,590円で購入できる万年筆としては納得できる1本。

 > Amazonカスタマーレビューで口コミをチェック

”万年筆は高価なものじゃないとダメでしょ?” と思っている方(高価なものじゃないと使い物にならないと思っている方)に使っていただきたい万年筆です。

インク、コンバーターは 欧州規格(ヨーロッパ規格) なので様々なメーカーの物が使用できます。

この記事でわかること

■ 無印良品 丸軸万年筆 の特徴・スペック


この記事を書いた管理者
これまでにプチプラを除いて約100本の万年筆を購入してきました。
最近では海外からペン先を購入してカスタマイズを楽しんでします。それらの知識をもとに記事を記載しています。

無印良品 丸軸万年筆

Amazonカスタマーレビューに移動しますカスタマーレビュー >

※ : Amazonカスタマーレビューに移動します

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >

※ : 楽天市場は定価販売のお店が見つからないためリンクを掲載していません

コンバーター(欧州規格|ヨーロッパ規格)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

ミドリ コンバーター(欧州規格|ヨーロッパ規格)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

関連記事・おすすめ記事

少し前まで丸軸万年筆は 1,090円だったので価格面での優位性がありました。しかし、値上げされてしまったので「ライティブ を選択するのもありでは?」と思います。
パイロット ライティブは 2,000円(+税)で、丸軸万年筆の弱点の乾燥に強いです。
個人的には はじめての万年筆にはライティブが一番 と思っています。
ライティブのレビュー 記事です。

こちらもおすすめ
【レビュー】ライティブで失敗しない万年筆デビュー(パイロット|万年筆)
【レビュー】ライティブで失敗しない万年筆デビュー(パイロット|万年筆)

万年筆の選び方・使い方、1万円以下のおすすめの万年筆 を掲載しています。
メンテナンス方法、万年筆でやってはいけないこと等、万年筆の基本的なことも掲載しています。

関連記事
初心者におすすめの万年筆選びと使い方のポイント|1万円以下のおすすめ万年筆も掲載
初心者におすすめの万年筆選びと使い方のポイント|1万円以下のおすすめ万年筆も掲載

無印良品 丸軸万年筆 レビュー

無印良品 丸軸万年筆、カートリッジ/コンバーター(ヨーロッパ規格/欧州規格)両用式の万年筆です。

無印良品らしいデザイン

無印良品といえば、ムダのないシンプルなデザイン。丸軸万年筆も類に漏れず余計なものは一切 ありません。樹脂製にはない質感・さわり心地が特徴です。

コンバーター

コンバーターは別売り。欧州規格(ヨーロッパ規格)。

下の画像はコンバーターをセットしたものです。カランダッシュ(スクリュー式ではないもの)があったので使用しています。

比較的手に入りやすい シュミット、または ペリカン がいいかもしれません。
取り扱い店が多いのはペリカンですね。ただ、お店で買うと定価 1,100円(+税)します。

2023.09 追記
最近では取扱店舗も増えている MIDORI[ミドリカンパニー]のコンバーターもいいです。500円(+税)と手を出しやすい嬉しい価格。
下の画像はMIDORIのコンバーター。


カートリッジ であれば ペリカンウォーターマン のロングタイプがコスパがいいですね。
ペリカンが手に入りやすく、販売価格も安いのでGoodです。

日本製であればOHTOですね。

コンバーター(欧州規格|ヨーロッパ規格)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

ミドリ コンバーター(欧州規格|ヨーロッパ規格)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

ペリカン ロングタイプ カートリッジ

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

OHTO カートリッジ 6本入り

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

スペック

作り

軸とキャップの素材はアルミ製。

シンプルな作り。グリップからキャップまで同じ太さ。クリップを除いた最大径が 10mm。
手の大きな人には少し細いかもしれません。

ペン先

ペン先はドイツ シュミット社製(※)。字幅はF(細字)のみ。
※ : ペン、ペン先を販売しているスペインのお店 FPnibsのサイト 参照。

サラサラと筆記することができます。ペン先には ”IRIDIUM POINT” と刻印されています。

キャップ

キャップは嵌合式(パチンととめるタイプ)です。
下の画像はキャップとキャップをペンのお尻です。

キャップポストする場合、この溝にキャップを入れます。あまり他で見ない作りです。

クリップ(CLIP)

ほどよい硬さのクリップ。

グリップ(GRIP)

グリップはローレット加工がされています。キツイ加工ではありません。
力を入れずとも筆記できるので、この程度の加工で問題ありません。

ただ、ローレット加工がない軸部分の質感でもすべりません。ローレット加工は不要かも…とも思ってしまいます。

バランス

筆記の際は、キャップポストしても、しなくてもどちらもバランスがいいです。

重心

重心位置の 2画像です。
まず、キャップポストした場合の重心はちょうど中心より少し前です。

キャップポストしない場合、ほぼ中央です。

書き味・字幅

サラサラ筆記できます。
シュミット社製なので日本製と比較すると 若干太めの字幅。日本製ですとFM(中細字)からM(中字)程度の太さです。

紙は マルマン ニーモシネ 方眼 5mm。インクは ペリカン 4001 ブルーブラックです。

サイズ・重さ

計測箇所サイズ
全長137mm
キャップをはずした長さ125mm
キャップポストした時
の長さ
162mm
キャップのみの長さ40mm
胴軸最大径10.0mm
キャップ最大径
(クリップは除く)
10.0mm
計量パーツ重量
全体(※)19.0g
軸部のみ14.6g
キャップのみ4.4g

※:カートリッジ、コンバーターを含まず

気になるところ

価格を考えると問題ないと感じるレベルですが、強いてあげると下記が気になります。

気になるところ

■ 軸が若干細い(※ 1)
■ キャップをしめる時、キャップポストする時に金属がこすれる感覚がある
樹脂製のものにキズをつける(※ 2)
■ ペン先が乾燥しやすい

※ 1 : これは好みの問題ですが、個人的には若干細いと感じます。軸が細いと気づかないうちに力が入ってしまい、疲れてしまうことがあります
※ 2 : 金属軸でザラザラしているため、ペンケース等に樹脂製のものと一緒に入れておくと樹脂製のものがキズだらけになります

まとめ

金属製の軸なので ほどよい重さで、樹脂製にはない質感、作りがしっかりしていてGood。さすが無印良品のデザインといった印象です。
カートリッジ、コンバーターが欧州規格(ヨーロッパ規格)なので、使用できるインクもたくさんあります。
そして、ここまでサラサラと筆記が可能で 1,590円。
※:2023.01 価格が変更されました
価格改定前は 1,090円でした。時代の流れゆえに仕方ないとは思いますが……。1,090円の商品が500円アップはかなり衝撃的です。

字幅がF(細字)ですが、日本製(パイロット、セーラー万年筆、プラチナ万年筆)のものと比べると 若干、太めです(太い字幅なのでサラサラ書けるのではありますが…)。

ただ、乾燥に強いかといわれると、乾燥にはそこまで強くありません。
ペン先の乾燥が不安な方で金額の問題をクリアできる方であれば、パイロットのライティブの検討してもいいかもしれません。
価格がアップしてしまったので価格の優位性が少し減ってしまいました。そのため、乾燥にも強い パイロットライティブ の方が個人的にはおすすめです。

2,000円(+税)ではありますが、パイロット ライティブのレビュー 記事です。

こちらもおすすめ
【レビュー】ライティブで失敗しない万年筆デビュー(パイロット|万年筆)
【レビュー】ライティブで失敗しない万年筆デビュー(パイロット|万年筆)

パイロット ライティブ

ライティブ-トップ-2
Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
楽天みんなのレビューに移動しますみんなのレビュー >

※ : 楽天みんなのレビューに移動します

無印良品 丸軸万年筆

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
Yahooショッピングのサイトに移動しますYahooで詳細を見る >
Amazonカスタマーレビューに移動しますカスタマーレビュー >

※ : Amazonカスタマーレビューに移動します

※ : 楽天市場は定価販売のお店が見つからないためリンクを掲載していません

コンバーター(欧州規格)

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

ペリカン ロングタイプ カートリッジ

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

OHTO カートリッジ 6本入り

Amazonのサイトに移動しますAmazonで詳細を見る >
楽天市場のサイトに移動します楽天市場で詳細を見る >

関連記事・おすすめ記事

万年筆の メンテンナンス方法 です。

こちらもおすすめ
初心者向け|万年筆の洗い方(洗浄方法)これだけ覚えておけばOK!
初心者向け|万年筆の洗い方(洗浄方法)これだけ覚えておけばOK!

万年筆の選び方・使い方、1万円以下のおすすめの万年筆 を掲載しています。

こちらもおすすめ
初心者におすすめの万年筆選びと使い方のポイント|1万円以下のおすすめ万年筆も掲載
初心者におすすめの万年筆選びと使い方のポイント|1万円以下のおすすめ万年筆も掲載

「参考になった!」をクリックすると「+1」されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ツイッター等でシェアしていただけたら泣いて喜びます。

ABOUT ME
紙とペンのブログ管理者
紙とペンのブログ管理者
文房具(特に筆記具)が好きなサラリーマン。万年筆は約100本・ボールペンも約100本・シャープペンは約50本(プチプラの商品を除く)、木軸ペン、その他筆記具(フェルトペン、蛍光ペン 等々)も数え切れないほど購入しています。最近は海外のお店から万年筆のペン先を購入し、カスタマイズを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました