【レビュー】無印良品 丸軸万年筆(無印良品|万年筆)

無印良品 丸軸万年筆です。
この品質で 1,000円…(正確には 1,090円)。

この価格でこのクオリティ。
月並みな表現ですが ”日本企業はすごい…” と感じます。

”万年筆は高価なものじゃないとダメでしょ?” と思っている方(高価なものじゃないと使い物にならないと思っている方)に使って欲しい 1本です。

この記事でわかること

■ 無印良品 丸軸万年筆 の特徴・スペック

無印良品 丸軸万年筆 レビュー

無印良品 丸軸万年筆、カートリッジ/コンバーター両用式の万年筆です。

昔話です。

数年前に一度、購入しました。
当時の商品はキャップに空気穴があり、ペン先がすぐに乾燥してしまいました。
それ以降、使っていませんでした(捨ててしまいました)。

最近、比較的安価な万年筆をお迎えする機会が何度かありました。
そして、この万年筆もふと思いだし、お迎えしました。

キャップが 改良されていました

息を吹き込んでも抜けません。
キャップの空気穴がなくなり、乾燥に強くなったようです。
⇒ ただ…、やっぱり乾きやすいようです。毎日使用する場合はいいですが、1週間程度で乾燥するかもしれません。

そして、「あれ?こんなに書きやすかったっけ?」と思いました。

下の画像はインナーキャップ。

↑ 目次へ戻る

ムダのないデザイン

無印良品といえば、ムダのないシンプルなデザイン。
丸軸万年筆も類に漏れず余計なものは一切 ありません。

↑ 目次へ戻る

スペック

サイズ・重さ

計測箇所サイズ
全長137mm
キャップをはずした長さ125mm
キャップポストした時
の長さ
162mm
キャップのみの長さ40mm
胴軸最大径10.0mm
キャップ最大径
(クリップは除く)
10.0mm
計量パーツ重量
全体(※)19.0g
軸部のみ14.6g
キャップのみ4.4g

※:カートリッジ、コンバーターを含まず

↑ 目次へ戻る

造り

軸とキャップの素材はアルミ製。

ペン先

ペン先はドイツ シュミット社製(おそらく)。
字幅はF(細字)のみ。

サラサラと筆記することができます。

ペン先には ”IRIDIUM POINT” と刻印されています。

キャップ

キャップは嵌合式(パチンととめるタイプ)です。

下の画像はキャップとキャップをペンのお尻です。

キャップポストする場合、この溝にキャップを入れます。
あまり他で見ない造りです。

クリップ

ほどよい硬さのクリップ。

グリップ

グリップはローレット加工がされています。
キツイ加工ではありません。

力を入れずとも筆記できるので、この程度の加工で問題ありません。

ただ、ローレット加工がない軸部分の質感でもすべりません。
ローレット加工は不要かも…とも思ってしまいます。

コンバーター

コンバーターは別売り。
欧州規格(ヨーロッパタイプ)です。

下の画像はコンバーターをセットしたものです。
カランダッシュ(スクリュー式ではないもの)があったので使用しています。

カートリッジであればペリカン、ウォーターマンのロングタイプがコスパがいいですね。
ペリカンが手に入りやすく、販売価格も安いのでおすすめです。

日本製であればOHTOですね。

ペリカン ロングタイプ カートリッジ

OHTO カートリッジ 6本入り

↑ 目次へ戻る

形状

本当にシンプルな造り。
グリップからキャップまで同じ太さ。
クリップを除いた最大径が 10mm。

手の大きな人には少し細いかもしれません。

↑ 目次へ戻る

バランス

筆記の際は、キャップポストしても、しなくてもどちらもバランスがいいです。

重心

重心位置の 2画像です。
まず、キャップポストした場合の重心はちょうど中心より少し前です。

キャップポストしない場合、ほぼ中央です。

↑ 目次へ戻る

書き味・字幅

サラサラ筆記できます。

(おそらく)シュミット社製なので日本製と比較すると 若干太めの字幅。
日本製ですとFM(中細字)からM(中字)程度の太さです。

紙は マルマン ニーモシネ 方眼 5mm。
インクは ペリカン 4001 ブルーブラックです。

↑ 目次へ戻る

気になるところ

価格を考えると問題ないと感じるレベルですが、強いてあげると下記が気になります。

気になるところ

■ 軸が若干細い(※ 1)
■ キャップをしめる時、キャップポストする時に金属がこすれる感覚がある
樹脂製のものにキズをつける(※ 2)
■ ペン先が乾燥しやすい

※ 1 : これは好みの問題ですが、個人的には若干細いと感じます
※ 2 : 金属軸でザラザラしているため、ペンケース等に樹脂製のものと一緒に入れておくと樹脂製のものがキズだらけになります

↑ 目次へ戻る

まとめ

数年前に購入した際はキャップに空気穴があったためすぐにペン先が乾燥してしまいました。
しかし、改良されたようで乾きにくくなっていました。

金属製の軸なので ほどよい重さで、樹脂製にはない質感、造りがしっかりしていてGoodです。
ここまでサラサラと筆記が可能で 1,000円で購入できるとは…すごい。

字幅がF(細字)とですが、日本製(パイロット、セーラー万年筆、プラチナ万年筆)のものと比べると 若干、太めです(太い字幅なのでサラサラ書けるのではありますが…)。

字幅の問題がクリアできるのであれば、同じ 1,000円で大人気の パイロット カクノ(KAKUNO)より ”丸軸万年筆” の方がおすすめです。

無印良品 丸軸万年筆

ペリカン ロングタイプ カートリッジ

OHTO カートリッジ 6本入り

参考になったよ!という方は下の「いいね」ボタンをクリックしてただけると嬉しいです(+1されます)。
フォローしていただけたら嬉しいです。