CATEGORY

万年筆

  • 2021年10月9日
  • 2022年8月14日

【比較|レビュー】キャップレスとキャップレス デシモの比較

ノック式万年筆 パイロット ”キャップレス”、”キャップレス デシモ” の比較記事です。読んでいただきたい方は”キャップレス” と ”デシモ” は 「何が違うんだろう?」、「どこが違うんだろう?」と思った方、「どっちが良いのかな?」と思った方、「詳しく知りたい!」と思った方 です。

  • 2021年9月24日
  • 2022年8月17日

【レビュー】モンブラン マイスターシュテュック 149 プラチナライン(万年筆|MONT-BLANC)

いよいよ「最後にたどり着く 万年筆」(と比喩されることが多い万年筆)モンブランマイスターシュテュック149 のレビューです。遅かれ早かれきっと最後は購入するのだろうから、この「迷っている時間がもったいない」と思い購入に至りました。マイスターシュテュック 146(以降、146 と記載) の時も同じ感覚でしたが、146 が良かったので 146 ほどは悩まず購入してしまいました。同じ様な考えの方の少しでもお役に立てればと思います。

  • 2021年9月23日
  • 2022年7月31日

モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146 プラチナライン レビュー(万年筆|MONT-BLANC)最高の一本

モンブランマイスターシュテュック146 プラチナライン レビューです。「買う?」、「買わない?」を長い時間迷いました。きっと最後は購入するのだろうから、この「迷っている時間がもったいない」と思い購入に至りました。同じ様な考えの方の少しでもお役に立てればと思います。

  • 2021年9月22日
  • 2021年10月26日

コンバーター(日本メーカー版)

日本メーカーのコンバーターの種類です。日本三大メーカーは三社とも独自の規格です。インクの吸入可能最大量は ”コンバーターを外した状態でシリンジにて入れた際の量” です。実際の吸入ではもっと少ないです。

  • 2021年9月20日
  • 2022年8月17日

【レビュー】キングプロフィットST(KOP)(万年筆|セーラー万年筆)

セーラー万年筆 キングプロフィットST(KOP) 中字 カラーはブラックのレビューです。私が所有している万年筆の中で一番大きな万年筆です。書き味は ”間違いない” です。モンブラン149よりもやわらかい書き味なのでやわらかさを求めている方にはおすすめです。

  • 2021年9月10日
  • 2022年8月17日

【レビュー】レオナルド モーメントゼロ トラモントCT(万年筆|Leonardo)オレンジが刺激的

レオナルド モーメントゼロ トラモントCTのレビューです。刺激的な色で目を引く万年筆ですね。惜しまれつつも廃業してしまった デルタ の後継ブランドと言われているレオナルドです。ペン先が大きめで万年筆らしさを感じることができます。そして、ある程度コシがあるので普段使いにも使える万年筆です。

  • 2021年9月7日
  • 2022年8月17日

【レビュー】アウロラ オプティマ(万年筆|AURORA)美しい軸で日本語筆記向き

アウロラ オプティマ 万年筆のレビューです。キレイな軸で本当にうっとりします。ペン先が硬めで普段使い(速記等)に向き、非常に実用的です。海外の万年筆にしては細めの字幅な印象です。字幅は極細(EF)ですが日本製に例えると中細(FM、MF)程度でしょうか。私の所有している万年筆の中では最強の 美軸&実用的な万年筆 です。

  • 2021年7月18日
  • 2022年7月24日

【比較|レビュー】スケルトン 本格的 万年筆(吸入式)違ったタイプから3選

おすすめのスケルトン(透明軸)1万円前後の本格的な万年筆(吸入式)の比較を行ってみました。軽やかな透明軸万年筆はいかがでしょうか?私がおすすめする「スケルトン(透明軸)1万円前後万年筆(吸入式)」(8,500円から16,000円と幅があります)の比較を行っています。シルバー基調の方が爽やかな印象なので「透明軸 × 銀」のもので、生産国の異なる商品(日本製、台湾製、ドイツ製)にしました。